--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年11月08日 (火) | Edit |
先々週、親友と北海道へ行ってきました

ほぼ毎年、この時期の恒例行事となっていますが、
今回はものすご~く寒かったなあ…




出資馬、出資検討馬、元出資馬、種牡馬、繁殖牝馬に会い、
親交ある馬主さんの牧場、お友達の牧場へ遊びに行って

たくさんの競馬&牧場関係者の方々のお陰で、
今年も本当に楽しい時間を過ごすことができました

は差し支えのない範囲で、少しずつ紹介していければ

帰ってきてからも九十九里での外乗、所用で茨城
さらにはホワイトフーガの応援、勉強にバレエに家事に…と大忙し

短期間ですが、もうすぐ諸事情で仕事をあけることになるので、
そこらへんの準備も大変なんだよね

あ、先週はプレイヤーハウスの勝利がありました!!
半妹も、まもなくデビューを迎えます
スポンサーサイト
2015年10月26日 (月) | Edit |
ヤマニンシュクル


先週木曜日の夜、北海道から戻ってきました
今回も親友と4泊5日の2人旅 この時期の恒例行事となりつつあるかな

BRF明和&真歌TP&CVFで、出資馬+出資検討馬たちを見学
お世話になっている馬主さんの牧場、お友達の牧場を回って、
スタリオンで種牡馬を堪能、NFで出資馬+出資検討馬に会うという旅程

3年ぶりに行った門別競馬場で、スターウインドの応援もできたし、
繁殖入りしている元出資馬2頭とも再会してきましたよ

真歌のゲストハウスではお仲間の会員さんとあれこれ話をしたり、
現地のお友達たちとも、夜までワイワイ
たくさんの方々のお陰で、とても楽しい5日間を過ごすことができました

それでもやっぱり周りきれないところもあって…
来年はそこらへんも含め、もうちょい上手くやりくりできたらいいなあ

も山ほど撮ったので、整理しつつ徐々に載せていけたらと思います

あ、北海道出発前日に走った3頭の出資馬たちの結果も残しておかないとね
アグレアーブルの嬉しい嬉しい新馬勝ちがありました~
2015年10月17日 (土) | Edit |
BRF明和


明日から、遅~い夏休みで北海道へ行ってきます

出資馬、出資検討馬、種牡馬、繁殖牝馬、元出資馬、
あとはお友達の牧場、お世話になっている馬主さんの牧場などなど

滞在中は夜も現地のお友達との予定が入っているので、
ブログの更新はできなそうだけど、のTwitterでちょこっと載せられたら

その前に…

今日は数少ない出資馬が、新潟と東京でイッキに3頭も出走
北海道へ行く前に疲れ果てないようにしなくちゃ…
2015年09月24日 (木) | Edit |
③は完全におまけですが…

ツアーの全行程を終え、遠野駅にて解散

でも、せっかく岩手まで来たのに、すぐ東京へ帰ってしまうのは…
ってことで友人とあれこれ検索をし、スケジュール調整しましてね

そんな中で『SL銀河』の存在を知り、時刻表をチェック
ちょうど良いタイミングで運行している!!ということで、
東北新幹線の新花巻駅まで、乗って帰ることにしました


SL銀河


当たり前だけど、イメージしていたSLそのまんまで、ちょいと興奮

SL銀河は、東北地方の観光面からの復興支援と地域の活性化を目的として
2014年4月12日より、運行が開始されました

2日で1往復 原則として土曜日に釜石方面へ、日曜日に花巻方面へ
ほぼ毎週、運行されているようです


SL銀河


車両はこんな感じ
宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」をイメージし、星座が描かれています

こちらは私たちも乗車した2号車(4両編成)で、射手座かな
偶然にも、自分と同じ星座だわ~


SL銀河


SL銀河


内装もおしゃれ

宮沢賢治が生きた大正・昭和の世界観をイメージしているそうで、
ガス灯風ランプやステンドグラス風の飾り照明、南部鉄器風の荷棚などなど

ちょっとした博物館のようで、タイムスリップした気分になったなあ
1号車にあるプラネタリウムの上映にも行ってきました

窓の外を覗くと、どこの場所を通っているときでも
子供たちからおばちゃんまで、みーんなSLへ向けて手を振っていてね

それが道からだけじゃなく、車の中からも、建物の中からもなのよ
ああ、なんか岩手って素敵なところだな いいなあって思いましたわ


あっという間だった、1泊2日の遠野の旅
初めて訪ねた乗用馬の生産地は、本当に勉強になることばかりでした

身近な存在となった遠野馬が活躍する姿を見るために、
今度は馬術大会へも足を運ばなくちゃ!!って考えています
2015年09月18日 (金) | Edit |
2日目は、荒川高原からスタート

私があれこれ語るより、まずは写真を見てください


荒川高原


荒川高原


荒川高原


100頭以上の馬たちが放牧されていて、ホント夢のような世界でした

荒川高原牧場は毎年6~10月ごろまで
遠野市内の生産者から放牧する馬たちを受け入れています
以前は牛も放牧されていたそうですが、放射能の影響で現在は馬のみ

なんというか、みんなの~んびりしていて人が近くに来ようがお構いなし
実際、馬の集団のなかへ入っていっても、全く危険な雰囲気はありません


荒川高原


荒川高原


荒川高原


荒川高原


監視人の方にも2日にわたり、たくさんお話を伺いましたが、
毎日ちゃんと点呼(!)をとっているそうで

この日はたまたま1箇所に全頭が固まっていたんですけれど、
普段は1400ha以上もある牧場内を自由に動き回っているんだとか!!

いやあ、点呼wを取るのも大変かと

にしても、こんな光景は北海道でも見かけないし、とにかくスゴイ!の一言
本当に贅沢で幸せな時間を過ごさせていただきました



遠野ふるさと村


遠野ふるさと村


最後に訪問したのが、遠野ふるさと村

江戸~明治時代に建てられた南部曲り家など古民家7棟を移築し、
田んぼや畑・水車などと共に、昔ながらの農村風景を再現しています

肝煎り(きもいり)の家には、前日馬車でお世話になった白雪ちゃんの姿が


③へ続く…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。