2014年08月30日 (土) | Edit |
私が競馬を好きになるきっかけとなった、トウカイテイオー
彼が亡くなって、今日でちょうど1年になりました。

引退後は彼の子供たち&孫たちを追いかけることが
最大の楽しみ、かつ喜びであると言っても過言ではないくらい

そんな孫たちのなかでも、
特に特に思い入れの強い2頭が今週、崖っぷちのレースを迎えます

どちらもステマならぬ、ステイオー配合


シャイニーパティオ
 

コアレスパティオの仔、シャイニーパティオ

母は5勝を上げ、長く元気に走り続けてくれた産駒でした
重賞にも7回挑戦
ヤマニンシュクルと共に掲示板に載ってくれた、2006年のクイーンS
あのレースはホントに感動…今も忘れることができません

2番仔になる、シャイニー嬢
お母さんと同じ、優しげでふんわりした雰囲気がとても可愛らしい女の子です

中1で美浦から札幌へ再輸送
さらにこれまでのレースっぷりから、厳しい戦いになるのは覚悟の上
悔いのない走りができたら…そう願っています


シングンゴールド


ジェヴォーナの仔、シングンゴールド

母は1勝馬(デビュー勝ち)でしたが、
小さい体でいつも一生懸命走る、ホントにけなげな女の子で…
条件や鞍上に恵まれないことも多くて、可哀想な面もたくさんあったっけ

初仔になる、ゴールド君
あの小さなお母さんがこんな立派な仔を…って涙したくなるような、
とにかくカッコいいカッコいい男の子なんです

両親の不運なとこを引き継いだかのような、惜しいレースがいっぱいでね
上のクラスでも十分にやれると思うし、何とか勝ち上がらせたい
今月だけでもう3戦目…疲れだけは心配だけれど、頑張れ~っ
2014年08月29日 (金) | Edit |
生誕200年 ミレー展


土曜日、山梨県立美術館で開催されている
『生誕200年 ミレー展』へ行ってきました

私、こう見えて芸術部門は得意+なかなか詳しいのですよ
パステル画を描いていたし、クラシック音楽も大好き

ミレーは好きな画家のひとりで、模写もたくさんしました
今回、1度に80点近い作品が山梨県立美術館で
見られるとのことで、ホントにホントに楽しみにしていて

落穂拾いとか晩鐘とか、いわゆる“農民画”が有名かと思いますが
人物も景色も、とにかくまなざしが温かいんですよね
絵を眺めているだけで、身近なものへ対する情を感じます

あと、ちょこちょこさりげな~く登場する羊とか牛の姿も好き
背景にあるバルビゾン村は、いつか訪れてみたい憧れの場所です

美術館へ行くのは久しぶりでしたが、やっぱり絵画は良いわぁ
国立新美術館で開催中のオルセー美術館展も行く予定だけれど…
東京は混んでいて、ゆっくり見れないのがなぁ


豚肉ほうとう


帰りは美術館の前にある、甲州ほうとう 小作

やっぱり山梨へ来たら、ほうとうを食べなくっちゃ!
もう、とにかくとにかく!美味しかったです
無難に豚肉ほうとうにしたけれど、今度は熊肉や猪肉にも挑戦したい


名画トレシー&ご当地キティ


戦利品たち

スマホ&メガネ拭きに便利なトレシー
「モナリザ」や「真珠の耳飾りの少女」なんかもあったけど、やっぱり「落穂拾い」

ご当地キティも
ホントはご当地リラックマも欲しかったのに、売ってなかった

特に左のワイングラスに入ってるキティがほんと可愛くて
少し酔ってるのか、頬がほんのり赤くなってるのよね
細かいところまで凝っていて、相変わらずクオリティが高いです
2014年08月28日 (木) | Edit |
スターウインド


スターウインド(2歳・♀)

「チェイスザウインドの仔がいる しかも1500万円
ラインナップを見た瞬間、出資することは決定したようなもんでした

半兄にあたるチェストウイングは、私にとってかなり思い入れの強い馬で
目の前で見る機会も多く、とにかくレースぶりが大好きだったんですよね
OPに昇格したときは、ほんとにほんとに嬉しかったことを今もよく憶えています

そんな縁もあり、当時ハマっていたPOGでは
「ダービーを狙える」って、半弟のメインストリームを迷わず指名したくらい
時期的にダービーこそ間に合いませんでしたが、
コツコツと頑張って、OPまで上り詰めてくれたことは記憶に新しいです

「チェイスの仔は臼田さんの馬しか走らない
なんていう声もあるけれど、私にとってはそんなの無問題
チェスト&メインの妹に出資できるというだけでも、ホント幸せなことだから

あとは父マンカフェっていうのも、かなりの高ポイントでした
とにかくシルクと相性のよい種牡馬であるし、
兄たちの適正も合わせて、芝の長いところを狙えそうって色気も

これまで2回会いに行っているのですが、おしとやかな少女って印象かな
スタッフの方も「おとなしくて手が掛からないんですよ~」って言ってたし

本当に真っ黒で白いところは一切なく、見た目なんの特徴もないんだけど、
人間と同じで、それが真面目さを助長してるような気さえする
馬体重も500キロになり、大型馬が好きな私にとっては嬉しい限り

チェイスザウインドが自らの命と引き換えに産んでくれた最後の仔
感謝の気持ちもこめて、残してくれた可愛い娘をしっかり見守っていきます
2014年08月27日 (水) | Edit |
blue nail


夏になると出番が増える、ブルーのネイル

メイクやファッションにうるさくない職場なので、
ネイルも取っ替え引っ替え、楽しんでおります

学生時代からだから、もう20年ほど塗り続けているかもしれない
もはや、素爪でいるのはもったいない!!ぐらいの感覚かな

今夏のお気に入りたち
左から、ADDICTION 049・RMK CL-15・THREE 05・PAUL&JOE 14

特にお気に入りなのが、ADDICTION
シアーなスモーキーブルーにゴールドのラメがチラチラと入っていて、
ホントにおしゃれなカラーです

ブルーには、なんとなくシルバーラメを合わせたくなるような気がするんだけど
あえてゴールドってのがニクい感じ
これをつけていると「どこのネイルですか?」って聞かれることも多いです

THREEとP&Jはトーンが似ているので、交互の指に塗っても可愛い
RMKはクリアカラー 爪の色と合わさって、ラベンダーっぽい仕上がりに
2014年08月25日 (月) | Edit |
マイネルオベリスク


先々週の乗馬
1年以上ぶり(!)の1日2鞍に挑戦してきました

夏はやっぱり予約も取りやすいし、
涼しくなってくると混んできて、2回乗るのは難しいだろうから今のうちに…ね

午前中のお相手はオベちゃんこと、マイネルオベリスク
とにかく毛の量が多いので、たてがみがパカッ!ときれいに真ん中分け
跨っていると、目の前にあるモサモサした“パカッとたてがみ”がホント可愛いです

動かすことに気を遣わないで済む優等生・オベちゃん
しかも気心知れた友人と2人だけのレッスンだったので、精神的余裕も

こないだ学習したことを踏まえ、
立ち上がるときグイッと体を反らしすぎず、気持ち前傾姿勢になることを意識

すると、少しは騎乗体勢が身に付いてきたのかな
鐙の位置も含め、気になっていた箇所は最後まで指摘されずに済みました

手前を変えるときも、いつもは常歩のままってことが多いのに、
この日は軽速歩の状態で、左手前右手前左手前ってな感じでスイスイ

ホント、自分が上手くなったかのような錯覚を起こしてしまうほど…
オベちゃん、完璧すぎです


コンサートブルー


午後のパートナーは、最近ここでもすっかりおなじみのコンサートブルー

食事中に無理やり馬房から引っ張り出してきたので、な表情
しかも馬装を終え、「さぁレッスン開始!」ってタイミングでがぁ…

というワケで、2鞍目はに濡れながらの騎乗となりました
暑さで普段のスピード感こそ控えめなブルーだけど、やっぱり動きは軽い

お陰で姿勢を保つことに集中しながら、
あとは手綱の張り具合に注意する程度で、ゆったりと乗ることができたかな

先生からは
「立つ⇔座るの10回に1回程度、少しバランスが崩れ気味になる」との指摘が

は、はい、それは自分でも気がついていて…
たまにフラッとしちゃって、すーっと真っ直ぐ立てなかったり、
座るときもドスン!ってな感じになっちゃったり

これは鐙がしっかり踏めていないのと、自分の筋力が弱いのと両方かな
未だ騎乗した翌日は股関節が痛くなることも多いし、要筋トレかもしれん

でも、レッスン後
先生に「この前見たときより、かなり良くなってますよ」って言われました

鐙の位置を気にしすぎず、骨盤を伸ばしてやや前傾姿勢を保つこと
ひとつ意識を変えただけなのに、ほんとバランスが取りやすくなったもんなぁ

これからも、この調子で頑張っていけたら
2014年08月25日 (月) | Edit |
毎日毎日、うだるような暑さが続いているというのに、
ファッション雑誌やショップを覗くと、すでに秋物がズラリ

この夏は、何となくお買い物モードも控えめだったので、
あまりSALEで買い漁ることもなく済みました

ここ2~3ヶ月の間に買ったもの


Rubyrivet & STRAWBERRY-FIELDS


STRAWBERRY-FIELDSのカットソー&Rubyrivetのブラウス

どっちも軽く対象年齢超えてるブランドだけど、可愛いものは可愛い
痛くならない程度なら構わないか…ということで

カットソーはふわふわした袖(バラモチーフ)がポイント
スウェット素材なので、甘くなりすぎません

ブラウスは肩リボンに一目ぼれ
大好きなギンガムチェック+黄色が新鮮です


IENA


IENAのパンツ

ギンガムチェックのクロップドは7本ぐらい持ってるので、
気になりつつも我慢してきた商品でした…が、SALEで60%OFFに
や、やっぱり負けてしまいました

ここまで大柄なギンガムは持ってないし、
ペッグトップパンツも持ってないから…って開き直り

腿張りにとっては、このゆったり具合がラク&涼しくて良いです


LOURPHYLI


LOURPHYLIのブルゾン

これはSALE品ではないのですが、どうしても欲しかったので購入
コンパクトなサイズとレース袖、かなりツボでした

去年あたりから、いろんなところでスタジャンを見かけていて、
1着ぐらい欲しいな~とは思っていたんだけど…
カジュアルすぎるのがどうにも苦手&似合わないもんで

そういう意味で、これは程よいカジュアル感で取り入れやすそう
秋になって、デビューさせる日が楽しみです


②(後日)へ続く…
2014年08月21日 (木) | Edit |
タニセンヴォイス


日曜日の新潟12R、タニセンヴォイスが待望の2勝目

当日はGC中継を見て応援していたのですが、
2着馬との競り合いを制した瞬間、牧場のお友達に連絡してしまいました

芝の直1000を勝つなんて、びっくり&スゴい 
もともと前へ行けるタイプだったわけで、スピード能力はあったんだよね

にしても、ここまでホントに長かった…
勝ち上がりの際も「あとちょっと」から相当かかったのだけれど、
今回はそれ以上、2年2ヶ月ぶりの勝利だもの

ヴォイスに関しては、とにかく「惜しい…悔しい…」レースが多くて
いつも一生懸命走る女の子だから、何とかしてあげたくて仕方なかったです
ようやく報われた気がして嬉しかったし、同時にホッとしたかも

これからは芝の短いところを使っていくのかなぁ
H師は考えてることが理解不能なケースもあるから(Dゴスペルで体感済
ヴォイスに合う条件や環境を選んで走らせてあげてね…って願うのみ

は牧場で会ったときに撮った、1歳秋のヴォイスちゃん
なんと言うか、ちょいと大人びた独特の雰囲気は今も変わっていません

これからはずーっと、ブリンカー着用で走るのかしら
可愛い顔が見えなくなっちゃうのは、少し寂しいかも…
2014年08月18日 (月) | Edit |
チョコミントドリンク


ここんとこ、出勤前にへ寄り、を買っていくのがお約束

オリジナルの『チョコミントドリンク』 夏になると毎年発売されています
なんか去年より、ひと回りサイズが大きくなった気がする

チョコ風味も水っぽくなくしっかりしてるし、ミントの爽快感と程よくマッチ
バランスが良くて、ほんとに美味しいです

事務所に着いて、まずこれをズズズーッとやるのが毎朝の楽しみかな


ショコラミント


で、夜の楽しみといえば、コチラ

ハーゲンダッツの『ショコラミント』
去年までは『クリーミーミント』だったよね 満を持してのチョコミント登場

これはもう説明不要です
とにかく食べてみてください「美味しい」という言葉以外、浮かびません

いつも乗馬帰りに寄るイトーヨーカドーで、一週間分まとめ買い
だって、コンビニで買うより100円近く安いんだもの
2014年08月17日 (日) | Edit |
ブログ再開後、1頭ずつ紹介していた愛馬たち
これからデビューを迎える2歳馬2頭、取り上げるの忘れてました

というわけで、まずは男の子なのに可愛すぎる芦毛王子から


ステラグランデ


ステラグランデ(2歳・♂)

お母さんが重賞勝ち馬であるディアジーナ
現役時代はマックファンである親友と一緒に、いつも競馬場で応援
私にとっても、ほんと思い出に残る競走馬でした

そして、もうひとつ
ディアジーナの母・アイネスターキンは、私の一口デビュー馬であった
アブラシオの母・ジュウジホウセキのお姉さん(!)であるという縁が

アブの従姉であったジーナ
血統的にも応援せずにいられない、深~い深い理由があったんです

とても大切、かつ特別な存在であるアブラシオ
今は立派なお母さんとなって、子供も無事にデビューを迎えていますが、
現体制のシルクで今後、子供が募集されるなんてことはまずない…

そんな中、従姉であるジーナの仔がシルクで募集されることに
なったのですから…飛び付かないわけがありません

すぐ下が父・ステイ いわゆるステマ配合ってやつ
募集されたとしても、間違いなく私には厳しそうだ…と分かっていたので、
どうしても! どうしてもっ!! この仔はゼッタイに欲しかった

なもんで、出資できたことが幸せ
走る走らないは二の次、ある意味どーでもいいんです(←おい

でも、やっぱり長く応援し続けていきたいから…

マック肌のアドマイヤムーン産駒はアドマイヤツヨシ(母・タイムフェアレディ)
ヤマニンマルキーザ(母・ヤマニンメルベイユ)が走っています
相性は悪くないと思うし、どちらも重賞を勝っている母…ってことは、ジーナも

これまで2回、NF空港で会っていますが、とにかく可愛い男の子なのよね
スタッフの方も「本当に可愛いですよね~」って繰り返してばかりで、
肝心な調整具合についてのお話は二の次、ぐらいの雰囲気だったもん

実は芦毛馬に出資するの初めてなんですが、こんなに可愛いものだとは!
お母さんと同じ黒い田村メンコに顔が隠れてしまうのが、何とももったいない…

少し疲れが出たりして調教を休んでいる時期もあったけれど、
最近はまた乗り込みも再開、特に大きな問題もなく進んでいるようです

どうか無事にデビューの日を迎えられますように
競馬場で会える日を、楽しみに楽しみに待っています
2014年08月14日 (木) | Edit |
PIDE UN DESEO


仕事帰りにフラッと立ち寄った、LUMINE池袋店で発見

馬蹄モチーフものとか、馬がプリントされているものとか
洋服、小物、アクセサリー…見つけてしまったら、もう最後
どうしても買わずにはいられない私です

ポーチやペンケース、iPhoneケースなんかもあったんだけど、
実際にいちばん使いそうな、カードケース&パスケースをGET
どちらかひとつだけにしようって悩んだ…のだが、選べなかった


PIDE UN DESEO


色は他にレッド、グリーン、ネイビーがありました
どっちか赤でも良いかな~って少し考えたけど、やっぱりピンクが可愛い
型押しされた馬も、惹かれたポイントかな

さっそくショップ&コスメカウンターのカードを入れて、持ち歩きま~す
2014年08月14日 (木) | Edit |
コンサートブルー


先週の乗馬
パートナーは大好きなコンサートブルー

この日は台風接近との予報があったせいか、
予約を入れている人が少なかったんだよね
私の部班は他に誰もいなくて、マンツーマンでのレッスンとなりました

とりあえず、永遠の課題である鐙の位置。
さらには前回、指摘された姿勢(骨盤を伸ばす+前目に座る)
ここらへんに重点を置き、騎乗開始

でもいつものことながら、ひとつの箇所に集中していると
他のところが疎かになってしまうというか…
自然にあれもこれもパパッ!とこなせる技が、まだ身についてないもんで

そんな私のあたふたした様子を感じ取った先生

「立つときに気持ち前屈みになることを意識すれば、
自然と鐙はちょうど良い後ろ寄りの位置で安定してきます」


ふむふむ、鐙が動かないように意識しすぎるよりも姿勢を…ってことだね
真上にグイッ!と立ち上がらないよう、やや前傾気味に…と意識

すると
確かに全身に無駄な力が入らず、自然に立つ⇔座るができてる感じ!
鐙の位置もブラブラせず、腹帯のちょい後ろあたりを無理なくキープ

たぶん姿勢に気をつけるあまり、上体を反らしすぎていたんだなぁ
それで重心が後ろに下がってしまい、座るときに鐙が前へ行ってしまう
という悪循環に陥っていたんだ…納得&反省

ひとつ改善すべき点が分かると、他の良くない部分も併せて改善される
良くない部分がある場合、他にも問題点のあるケースが多い

乗馬というのはレッスン毎、勉強になることばかりです
あとは私が常にそれを実践できるかどうかなんだけど…


アイルラヴァゲイン


ウチの知名度№1は彼かな、アイルラヴァゲイン
現役時代のファンの方が、北海道から会いに来たというエピソードも有り

今はジャンプのレッスンに出ていて、第二の馬生を頑張っております
かなり威張った性格だけど 洗い場に出ているときはお利口にしてる
2014年08月11日 (月) | Edit |
ANTEPRIMA

毎年、夏になると持ちたくなるANTEPRIMAのバッグ

やっぱり、このキラキラは夏に日差しに映えるっ!
…って、せいぜい朝の通勤時に照らされる程度なんだけど

コツコツと買い集めていて、何個か所持してますが、
ここんとこヘビロテ中なのが、の2つ

左は、今年の春に購入したANTEPRIMA/MISTOのライン
『インカラント ラフィア/ラージ/シルバー』

素材がラフィアなので、まさに夏仕様
もうリボンがキュートなんて年じゃないんだけど
可愛いものは可愛い!!

裏地がピンクなので、中を見るたびにテンションUPするし、
お財布に化粧ポーチ、お弁当箱…大きさもちょうど良いんです

ピアスとかネックレスとか、アクセサリーがゴールド派なんで、
このバッグに合うシルバーのアクセサリーが欲しい…
って、また出費がかさむ悪循環に陥っているのはご愛嬌

右は、2~3年愛用しているANTEPRIMA定番のワイヤーバッグ
『スタンダード/スクエア ラージ/シルバーピンク』

やっぱり色モノはピンクが好き
これは甘すぎずクールな色味なので、服を選ばず使い回せます

ちゃんとインナーバッグを入れて大事(?)に使っているので、
そこそこ持ち歩いてる割には、あまり伸び切ってないんじゃないかな?

今、欲しいのが黒のイントレッチオ(横長)
でも7万以上するのよね…募集馬たちも控えてるし、我慢するか
2014年08月10日 (日) | Edit |
シルク募集予定馬リスト


アンジュの思い出話を…ってことで
あれこれを引っ張り出してきたのですが(気がつけば8戦とも現場
ホントに表情豊かで、見ているだけでも飽きません

もう競馬場で会えないのかと思うと…まだしんみりしてしまう
というわけで(?)、きのう詳細が発表されたシルク募集馬の話でも

私の場合、基本的に関西馬は×だし、ディープとかにも興味なし
かといって、馬体の見方に詳しいわけでもなく…
どうしても兄姉が好きだったとか、父母が好きだったとか、
そういうことを重視してしまう傾向があるかなぁ

でも、今年の募集馬リストの一報を見たとき
「そこまで思い入れる血統の仔がいない…」って思ったのよね
ディアジーナはステイってことで、最初から今年は無理だと諦めていたし

なので、ちょい渋めの種牡馬を狙ってみたい
ゴールドアリュール、ダノンシャンティ、キンシャサノキセキ…
あとはセレクションで落としたサウスヴィグラス

そしたらまぁ、狙いどころはほとんど関東&価格も手頃ときたもんだ
厩舎もゼッタイNGなとこはないし、ソーマサイトなんて大士先生じゃないの

おそらく実績がどーこーって馬もいないだろうしねぇ
私なりに結構、選択肢があってびっくり&悩みそうな予感…
カタログを見るのが待ち遠しいです

だけどホント、いろんな意味でキャロとさほど変わりがないし、
昔のシルクの面影はさっぱりなくなっちゃったね

ちょっぴり寂しい気もする
2014年08月09日 (土) | Edit |
燦


先週の乗馬
お相手は、少々お久しぶり~な燦くん

この日は夜、イントラの先生&会員さんたちとの合同暑気払いが
なので、友達と「夕方までクラブで待機していよう」ってことになり、
午後も予約を入れていたんだけど…気温が35℃を突破=レッスンは中止に
いつもどおり、午前中の1鞍のみとなりました

燦くんは動き出しちゃえばそうでもないのに、最初がものすごぉ~く重い 
しかも懸命に脚を使ってるっつーのに、バックされるとは…完全に舐められてる

だけど、ここで負けるわけにはいかないので
姿勢を正して手綱を張り、ギューッとお腹を両脚で搾り出すように圧迫
すると、「しょうがねーなー」って感じで動き出してくれました

こうなれば、もう大丈夫
ひとたびスイッチが入ると、あとは割かしスイスイ動いてくれる燦くんです

前回のレッスンで指摘された“軸”
あとは毎回気にはしていても、なかなか安定してこない“鐙の位置”
ここらへんに重点を置いて騎乗していたんだけど…またもや新たな課題が

先生から「座る位置が気持ち後ろ寄りなので、もう少し前目に」
さらに「骨盤を伸ばしてやや前屈みにすると、ちょうどいい体勢になる」

どうも姿勢に気をつけるあまり、重心が後ろに下がりすぎていたようです
そのくせ背中が丸い(=骨盤が伸びていない)って…
どんだけ不恰好な乗り方をしていたのかと

燦くんも妙な体重のかかり方をされて、めちゃくちゃ動きにくかったはず
ホントにごめんね…


ダイイチミラクル


ニンジンくれくれモードのダイイチミラクル
彼は私がこのクラブに通うきっかけとなった恩人…ならぬ恩馬です

レッスン終了後は、楽しみにしていた暑気払い

顔なじみの会員さんから、いつもお世話になっている先生方まで
普段乗っている馬たちのことから個々の体験談、考え方などなど…
勉強になることばかりで、ホント有意義な時間でした

外乗の話も結構出たんだけど、Aさんのモンゴル体験談は面白かったなぁ
いつかみんなで行って、大草原を走ってみたい

あとは先生から言われた言葉
「乗馬は奥深いものだから、一生離れられなくなります

これはたぶん、そうなんだろうな~
おばあちゃんになって、腰が曲がっても乗っていたいもん(←む、無理か…

これからも楽しみながら、コツコツ頑張っていきたい
乗馬の魅力を改めて教えてくれた先生、友達に感謝感謝のひとときでした
2014年08月08日 (金) | Edit |
マイネルボルソー


土曜日、マイネルボルソーが新潟で出走

今回は乗馬があって、リアルタイムでレースを見ることができず
に帰ってから、リプレイにてチェックしました

もうかなり続けて使われてきているワケだけど、
ボルソー自身はとにかく元気で、不安な箇所も全くないとのこと
ほんと一口の鑑 自慢の健康優良児です

パドックは相変わらず、ミドルハイテンションなご様子
現地で見て来てくれた友達いわく
「厩務員さんにちょっと怒られながら、びくびくして歩いていた」とのこと

ボルソー君…最近はいつもそんな感じだね
だってキミは、真っ直ぐ前を見て周回できないんだもんね

レースはスタートから好位につけ、
追走もラクな感じで、上手く流れに乗れていました
たぶん短いところを使われてきたから、余裕があるんでしょう
全く無理がなく、自然な感じでスイスイと走れているもの

最後は上位3頭の決め手に及ばずの4着だったけれど、
ボルソー自身はこの前よりも早い上がりをマークしています
昇級2戦目、ほんとによく頑張ったね

コース不問で距離も1800までとなれば、
使われ方に幅も出て、今後の可能性も大きく広がる
ここ最近の充実ぶりは頭が下がるのと同時に、ちょっとした驚きもあるかな

大知jのコメント、ラフィアン公式でもブックでもギャロでも同じ
いつも一生懸命走ってくれるんです
気の抜けない真っ直ぐなとこがあるって、真歌のUさんも言ってたっけ
カーッとしがちで不器用な性格なんだろうけど、それもボルソーの良さかと

このあとはようやく一息入れてもらえることになり、
北海道へ戻って、しばしの休養に入る予定です
5ヶ月以上もトレセンに滞在し、頑張ってきたんだもん
とりあえずはゆ~っくり休んで、また競馬場で元気な姿を見せてね
2014年08月08日 (金) | Edit |
ヒカルラブリーアイの13


ヒカルラブリーアイの13
昨秋、放牧地で戯れた仔 ホント人なつっこくて可愛いかったんだよね
少し大きくなった姿を見て感激でした 愛らしい表情は変わってない


プラセンティアの13


プラセンティアの13
馬体がかなり好みなので、気になっている1頭
とても精悍な黒いカネヒキリ産駒だけど、少々お高めかなぁ…って気もする


ロングパイルの13


ロングパイルの13
ツアー前にカタログ&DVDを見て、いちばん気に入っていたのが彼でした
実際に触れ合った雰囲気も良かったけれど、関西馬なので…


ケイアイダンサーの13


ケイアイダンサーの13
愛しのボーラー産駒 それを差し引いても、かなりよく見えた1頭です
価格も魅力ですし、もちろん出資候補


コスモクリスタルの13


コスモクリスタルの13
ツアー前から気になっていたんだけど、歩き方がイマイチかな…って
公式によると、あのときはあまり状態が良くなかったとか 何と早くも満口
2014年08月07日 (木) | Edit |
どーもくん


日曜日、学生時代の友達と遊んできました

秋競馬が始まると、またバタバタと忙しくなるし、
毎年この時期は、旧友と「元気だった~」ってな機会も多いかな

卒業して20年(!)近く経っても、
顔を合わせればすぐ、あの頃と同じ気持ちに戻れるのが嬉しい

私は今もなお実家に居座り、嫁へ行く気配もないワケですが
友人は2人の女の子のお母さん
この日は“オバちゃん”の立場で、子供たちと一緒に戯れてきました

子供も大人もあれこれ楽しめるところへ…と検討した結果、
向かったのはNHKスタジオパーク

ボール投げをしたり タッチパネルクイズに挑戦したり
アフレコ体験やカメラマン体験
そして、キッズワールドでは大人げなく ぴょんぴょん跳んだりとか


キミのかおはなんのカオ?


面白かったのが 、「ダーウィンが来た!」のコーナーに設置されている
「キミのかおはなんのカオ?」

カメラの前に座り、顔を感知して1分…
50種類の動物の中から、どれに似ているのかを診断してくれます

私は↑のミーアキャットでした
目がキュッとしていて、パーツが中心に集まっているからかな
つーか、ミーアキャットがよく分からず、ググったのは内緒…w

子供と戯れ、友達とあれこれ語らい、心身ともにリフレッシュ
日々への活力をもらってきた感じです
ほんとにありがとう
2014年08月06日 (水) | Edit |
今さら感満載ですが、ラフィアンに引き続きウインも


オートキュイジーヌの13


オートキュイジーヌの13
フレンチ好きとしては血統的に気になる1頭
体型もいかにも~な感じで理想的だけど、関西馬なので…


カートゥーンの13


カートゥーンの13
ステイ産駒でいちばん良く見えました
接してみた感じ、性格もかなり強そうだから面白いんじゃないかな


コスモヴァレンチの13


コスモヴァレンチの13
募集馬のなかで、いちばん良く見えたのが彼
血統的な裏付けもあるし、高額だけど満口になるの早かった 納得


ピアチェモルトの13


ピアチェモルトの13
大好きだったボーラーの仔がグループから募集され、歓喜
公式を見てもよい感じで成長しているし、もちろん出資候補です


ヒカルバイオレットの13


ヒカルバイオレットの13
シルクでもなじみの血統 しかも好きだったシルクグラサージュの下
おとなしくて可愛い仔だったので気になっています
2014年08月04日 (月) | Edit |
アンジュシュエット


アンジュシュエットが引退することになりました。

1週間前、中京で会ってきたばかり。
まさか、あれが最後になるなんて思いもしなかったです。

心にポッカリ穴が開いてしまって、
まだちょっと冷静に振り返ることはできないかな…。
現実を受け止めるには、もう少し時間がかかりそうです。

友達に「これも競馬だって分かってはいるんだけど」って話したら、
「馬が好きで競馬をしているんだから、
これも競馬…じゃ気持ちの整理がつかなくて当然」だって。

ありがとう、ちょっぴり楽になれた気がする。


アンジュシュエット


アンジュも自分で短い競走馬生活だと分かっていたから、
ギュッと凝縮して走ったのかもしれない…。

そんなことを感じたりもします。
本当によく頑張ったし、偉かったなぁ。

あんまり悲しんだり寂しく思ったりしちゃいけないんだろうけど、
まだしばらくは尾を引くだろうな…。
もう少し落ち着いたら、またここで振り返るつもりです。
2014年08月01日 (金) | Edit |
ハイエストスフィア


ハイエストスフィアの引退が正式に発表されました。
左橈骨遠位端骨折、全治6ヶ月の診断。
未勝利馬ですから仕方ないとはいえ、本当に残念です。

間違いなく、レース中にやったんだよね。
そんななかで果敢に先行争いをし、最後まで走り抜いたのかと思うと…

振り返れば、精神的にも肉体的にも
本当に大変な競走馬生活だったなぁ…と感じます。
とても繊細でデリケートな女の子、きっと辛いことばかりだったよね。

出資者の立場で言うと、もちろん無念さは残る。
勝ち上がれる能力は間違いなくあったし、
不完全燃焼で終わってしまったのは事実だから…。


ハイエストスフィア


昨年7月に芝でデビューする予定が体調を崩し、北海道まで逆戻り。
徐々に復調して11月に再デビュー予定も骨膜が出て、またまた白紙。
2月になり、再々デビューがようやく現実になるも、除外…。
しかもその翌週、出馬表まで出たのに大雪で開催延期。

実際にデビューできたのは、2月22日でした。
そこも不本意というか、仕上げてから2週延びてしまったために
心身とも一杯一杯の状態で、とても可哀想なレースになっちゃって…。

その反動もあり、続戦は無理との判断。
2戦目は5月10日、なんとなく体調も戻らないまま迎えてしまったんだけど
ササーッと逃げの手に出て、勝ち馬と0.1秒差の3着に粘りこみ!

勝ち上がりも見えてきた…と期待を持って見守った3戦目。
またまた先行するも、雨で差し有利の馬場になってしまい3着まで。
そして、結果的に最後のレースとなってしまった4戦目がこちら


アンジュシュエット&ハイエストスフィア


↑の写真は、昨年5月に天栄で行われたトレーニングツアーで撮ったもの。
「ゼッタイに出資する!」って決めていたアンジュとの併せ馬に大興奮。
このときの走りを見て、ハイエストにも出資することを決意したっけ。

繁殖に上がれるのか? ケガを治して地方で走り続けるのか?
兄姉の成績や血統的な背景、さらには自身の体質の弱さも考えると
「どうかなぁ…」って思っていましたが、今後は「乗馬」と発表されました。
ノーザンで繁殖入りするというのは、やっぱり厳しいのね…。

今はただ、ハイエストに「お疲れさま」って伝えたい。
そして、心の底から「ありがとう」という気持ちでいっぱいです。
今後の馬生が彼女にとって幸せなものであることを願ってやみません。
2014年08月01日 (金) | Edit |
コンサートブルー

先週の乗馬
お相手は、ちょい久々のコンサートブルー
ブルーは相性が良いのか、とても乗りやすくて大好きな仔です

しかしまぁ、この日もめちゃくちゃ暑くてね
通常どおりレッスンがあるのかも心配になるほどの酷暑
馬たちも繋ぎ場に立っているだけで、汗をかいていたなぁ

常にやる気満々のブルーさん
動かすことに一生懸命にならなくていい分、
普段疎かになりがちな“姿勢”なんかにも気を配ることができます

あとは、どうしてもスピードが出過ぎてしまう傾向があるので
そこを上手くコントロールできるかなんだけど、
さすがのブルーも暑かったのかな…
いつもより、脚色が鈍かったような気がする

先生に指摘されたことは「軸が左に流れ気味」
つまり「左手前より右手前のほうが動きもスムーズ&騎乗姿勢も
「腰を下ろす際に気持ち右側へ座るように」とのこと

う~ん、自分では全く意識してない&分からなかったことだわ…
乗るたびに新しい課題が出てくるワケで、
いつになったら、自信を持って乗れるようになるのかなぁ

レッスン後は丸洗い

ブルーはいつも、繋ぎ場で頭をブンブン振ってうるさいタイプ
それがとぉ~ってもおとなしく、洗われるがままになっていて
やっぱり暑かったんだね 一生懸命動いてくれて、ホントにありがとう

まぁ、お手入れする側としては
これぐらい静かなほうが扱いやすくて有難いんだけど
2014年08月01日 (金) | Edit |
3週連続福島に続いて、先週は今年初参戦となる中京競馬場へ

フリーパス&開催最終日だったからなのかなぁ
結構な混雑ぶりで、レース写真はちっとも撮れませんでした

それでも、ウインバニラスカイに出資している友達や
Twitterでお世話になっている皆さまなどなど…
たくさんの方々とお話できて、とても楽しい遠征に


ロンバルディア


応援していたアンプレショニストの初仔ロンバルディア
とにかく美形だったお母さんには、あんまり似てないな~
調教でもかなり動いていたから期待していたけど、見事なデビュー勝ち


ウインバニラスカイ


お友達の愛馬ウインバニラスカイ
一頓挫あった直後、新馬戦で負けた馬のいる特別を使うというのが
コース追いもしてないし、まだ2歳の女の子だよ…大事にしてあげて


サダムパテック


混戦の中京記念を制したのはサダムパテック
なんか意地を見た感じするなぁ
ジャスタ乗り替わり事情から続投なったカッチー、ほんとに良かったね


ワンダージェニアル


お友達牧場の生産馬ワンダージェニアル
終始、このような感じ
牧場で会ったときは、もうちょいおとなしかったんだけどね