2014年12月31日 (水) | Edit |
燦


先週の乗馬
お相手は切れない縁なのか、また来た燦くんでした

とりあえず、蹄跡までスムーズに誘導することが大事ってことで、
気合いが入っていたのですが…それ以前の問題、繋ぎ場から出てこな~い

肩にムチを入れても、さっぱり動く気配がないので
初めて(!)お尻にムチを入れてみた
そしたら、しぶしぶ前へ あぁ、ホッとしたわ

そのあと、騎乗馬場入り馬装整備蹄跡へ出すまでは順調
どうかこのまま…と祈りながら、レッスンスタート

さすがにもうハエもいなくなって、燦くんもだいぶ落ち着いていてね
頭をブンブン振り回さなくなっただけでも、かなりラクになりました

ただストライドが大きいから、スピードコントロールは相変わらず難しい

前の馬に近づきそうになると、手綱の張る+脚を使って
スピードダウンしようとするんだけど…減速どころか、止まっちゃうことが多くて

ブルーやオベリスクだと普通にできることが、燦くんだとほんと難しいよ
自分の技術のなさを痛感 もっと上手く乗れるようになりたいな…

この日は前々日に降った雨の影響で、馬場がグチャグチャ
冬になると寒くて馬場も乾かないから、こういうケースも増えてきます

燦くんは私のレッスンで本日のお仕事終了ってことで、
泥だらけになった脚を洗ったんだけれど、とてもおとなしくてお利口さん

そんな燦くんだからこそ、気持ちよく走らせてあげたいなぁ…って
より一層、思うんだよね 頑張ろう


アイルラヴァゲイン


奥の馬房へ移され、悠々と過ごしているアイルラヴァゲイン

この日は外の様子を一生懸命眺めては、鼻息を荒くしていました
ウチへやってきて2年以上、今も元気に過ごしています
2014年12月28日 (日) | Edit |
そういえば、10月末に北海道へ行ってきたのに
牧場見学の記事を全くUPしてないことに今、気がつきました
Twitterにはちょこちょこ載せていたんですけれどもね…

今さら…な感じもあるし、どうしましょ

ラフィアン&ウイン&シルクの出資馬・出資検討馬・募集馬
お友達牧場の生産馬、スタリオンの種牡馬あたりを見学してきたのですが…
リクエストがあれば載せていこうかな


マイネルボルソー


そのとき、真歌TPで会ってきたマイネルボルソーが今日、復帰戦を迎えます

とにかく丈夫な馬で、これまで頓挫らしい頓挫が一切ない健康優良児
牧場スタッフの方々も黒岩先生も、お会いすると第一声は決まって「元気元気

でも一口を続けていると、健康であることは何よりも大切なことであると痛感するし、
私にとってボルソーの存在は本当に大きく有難いものです


マイネルボルソー


競馬場ではハイテンション&ギョロ目のボルソーですが、
やはり牧場では顔つきも穏やかだし、落ち着きもあってリラックスしたご様子

1歳時に会ったときは、やや神経質な面も感じ取れたんだけど、
おどおどすることもなくなり、精神的にもずいぶん大人になった気がするなぁ


マイネルボルソー


坂路での調教も見学させてもらいました

担当のUさんが「もう元気すぎて大変」だと言っていたとおり、力強い走り
コスモオオゾラの胸を借りて、「負けるもんか」と気合いも入ってきたとか

大知Jもパーティーのとき、「とにかく真面目で一生懸命」だって褒めてくれたっけ
燃えやすくてアツくなりがちなタイプだけど、今はそれが良いほうへ出てるのかな


マイネルボルソー


徐々に競馬も上手になり、距離延長もこなしたボルソー殿
復帰戦だし、まずはレース感を取り戻してくれたら…という気持ち

今回は有馬DAYの出走ということで、
私も移動やら何やら大変ですが、しっかり見守ってきたいと思います
2014年12月27日 (土) | Edit |
ソルプレーサが初勝利を上げた土曜日
もうひとつのお目当てが、競馬場ではお初だったエイシンオルドス


エイシンオルドス


ソル君、アブ母さんなどなどお世話になっているお友達牧場の生産馬

オルドスはエイシンキンチェムの全妹にあたる血統です
新馬勝ち特別勝ちファンタジーSという、ローテまで一緒の似たもの姉妹

私にとっては小さいときの印象が強いワケだけど、
3歳の冬を迎えたオルちゃんはどんなレディになっているんだろうか…


エイシンオルドス


こんな感じで、ずーっとカメラを眺めているマイペースなお嬢さんでした
眺めているというより、覗き込んでいるという表現がぴったり

目の前を通り過ぎてもガン見しているから、
周回毎に顔の角度が90度以上、曲がっていたような気がする

オルちゃん、私のこと思い出してくれたのかな
牧場のご夫妻が札幌に応援へ行ったときも、同じような感じだったみたいだし


エイシンオルドス


グランプリロードで典さんが騎乗し、返し馬
最初はフワフワしていたけれど、まぁ何とかスタート地点へと走っていきました

で、肝心のレースですが…
スタートがやや遅れたあとは大外ということもあり、ポツンと最後方
結局、そのまま いわゆる「典さん騎乗」で終了という…

最後はグイグイ伸びてきたけれど、別に追われてないからね
オルドスが勝手に走ってきただけ、って感じでした


エイシンオルドス


馬体に何かあったワケじゃないよね?って思いながら、
検量室前へ行ってみたけれど…オルドス自身は競馬をしてないので、
全く疲れた様子もなく、平然たる態度

典さんも厩務員さんも笑顔だったし、まぁ何もないんだろうな…って
遅れた+大外だから、無理をさせなかったんでしょう


エイシンオルドス


ちょい不完全燃焼なレースになってしまいましたが、
オルちゃんは最後の最後までマイペース
コースから戻ってきたときも引き上げるときも、ずーっとをガン見してました

おそらく撮った写真の90%以上は、カメラ目線
本当に可愛かったわぁ また東上してね! 待っています
2014年12月26日 (金) | Edit |
先週の土曜日、ソルプレーサが2戦目を迎えました

初戦の内容から、勝ち上がるのに時間はかからないだろうと確信
今回も好勝負必至!って、期待をしながらの応援となりました


ソルプレーサ


パドックに登場したソル君

相変わらず落ち着いていて、オトナっぽい雰囲気です
母さんの現役時代のパドックとは大違いだわ

普段から本当におとなしくて、厩舎でも全く手がかからないそうだし
競馬場へ来ても平常心をキープ なんて出来た息子なんでしょ!!


ソルプレーサ


返し馬もスイスイ

前回の状態をキープできていれば、勝てるんじゃないかと思いました
よい意味でこの前と全然変わらなかったし、
何せ、あの堂々とした立ち振る舞いを見てしまうと…ね


ソルプレーサ


いざレース
もちろんドキドキはしたんだけど、それよりもワクワクする気持ちのほうが大

スタートを問題なく決め、そのままスムーズに先手を取ると
ソル君のペースで無理のない走り もう道中で勝利を確信しましたね
直線で抜けると、あとはもう危なげなく押し切って1着でゴール


ソルプレーサ


やっぱり自然と涙が出てしまったなぁ
ソル君、そしてアブ母さん、おめでとう ほんと素晴らしい息子だね

検量室前でくるくる回されていた姿を見ながら、
「顔がお母さんにそっくりだわ~」って、しみじみ思っていました
目元はもちろんなんだけど、プクッとした鼻のラインが特に


ソルプレーサ


口取りでもビシッと止まって、ポーズ もう、優等生すぎてどうしよう

次走は黒竹賞を予定しているとのことで…
そ、そうなんです フーガちゃんと同じレース
どちらも西森オーナーだから、使い分けるかな~とか思っていたのですが

1着同着を期待しながら見守ってくるつもりだけど、心臓に悪い…きっと
2014年12月25日 (木) | Edit |
①の続きです


カイシンゲキ

出資検討馬として見学させてもらったことのある、カイシンゲキ
内向だから数を使えない+厳しいとの話だったけど、無事にデビュー


イーグルカザン

最後はすごい脚! ほんとにびっくり&強かったイーグルカザン
口取りへ向かう際、厩務員さんの手を引っ張る大士先生が可愛かったです


ネイティヴコード

デジタル産駒の可愛いレディ、ネイティヴコード
逃げ切れるかも!?って力が入ったわぁ 次はもっと良くなると太鼓判


ダイワインスパイア

お友達牧場の生産馬、ダイワインスパイア
一瞬、夢を見たレース内容でした 続けて使っていけたらいいなぁ


マイネルミラノ

仕上がり途上の段階ながら、今回も魅せてくれたマイネルミラノ
ハイペースすぎて「!」って思ったけど、後続を全く寄せ付けなかったわ


サムソンズプライド

お友達の出資馬、サムソンズプライド
久しぶりに彼らしい走りが見られて嬉しかった さらなる前進を期待


シルクフォーチュン

カペラSを競走除外となってしまった、シルクフォーチュン
幸い大事ではなさそうで、ホッとした 来年は9歳か…
2014年12月23日 (火) | Edit |
先々週は土曜日に愛馬の出走、日曜日に友達の担当馬が出走
ということで、連日の中山出勤となりました

お目当ての1頭だったミッキースマホを近くで見たい
って思い、友人と共にパドックグランプリロードへとダッシュしましたが…
ダートのレースはこれまで同様、中から入場するんだった

まだまだ慣れるまでは、時間がかかりそうです

マイネルガーデンの記事はコチラ


テイクミーホーム

シルクでおなじみ、カムホームウィズミーの仔テイクミーホーム
周回中、最初から最後までず~っと鼻の穴を広げっぱなし 可愛かった


ニシノフクオトコ

大好きだったテレグノシスの仔、ニシノフクオトコ
シビれるデビュー戦だった ホントによく頑張ったね


ミッキースマホ

こちらも大好きだったアサクサデンエン産駒の稼ぎ頭、ミッキースマホ
ずーっと会いたかったので感激の対面 が、レース後に鼻血…心配です


モグモグパクパク

そしてボーラー産駒の稼ぎ頭である、モグモグパクパク
ちょいバタバタした競馬になってしまい、残念 ダートのほうが良いのか


サンディエゴシチー

こんな短期間にまたまた会えて嬉しい、サンディエゴシチー
最後の脚に感動した! ゴスペルの分もまだまだ頑張って欲しいな


プリンセスメモリー

ラピスラズリSを制した、プリンセスメモリー
ファンが多い馬&騎手の勝利に、ウイナ前は大盛況 素晴らしい7歳牝馬


②へ続く…
2014年12月20日 (土) | Edit |
クリスマス限定コスメ&コフレのシーズンもそろそろ終了

今年は欲しい!と思えるものが少なかったんで、な程度で済みました


キープセイク/アイズ


M・A・Cのキープセイク/アイズ

カメオモチーフのキラキラしたパッケージに一目ぼれ
プラム、スモーキーもあったけれど、使い勝手の良さげなベージュをチョイス

ケースもプラム=グレー、スモーキー=白とそれぞれ違ってね
ベージュ=黒がいちばんシックで素敵だったので、ちょうど良かった


キープセイク/アイズ


M・A・Cのクリスマス限定アイパレットは
毎年お得感があるし、パッケージも凝っているので必ずチェックします

右上のテンプティング
単品でも評判のよいカラーだけど、ほんと絶妙な明るさ+深みが素晴らしい


ワンダーハニー 冬の森の潤いギフトセット


ワンダーハニー 冬の森の潤いギフトセット

ベキュア ハニーのハンドクリームを愛用しているので、目に付いたキット
バスケットをデザインした缶ケースがめちゃくちゃ可愛いです

ハンドクリームは10種類の中から自由なものを選べるのですが
いちばん気に入っている「お花のジュレ」を選択 ホントにいい香り~

濃蜜マルシェのクリームバームは3種類のパッケージから(中身は全て一緒)
スノウ、ハニーも可愛くて悩んだけれど、最初に目を引いたリースにしました


ジュ コントゥラスト&ルージュ アリュール


CHANELのジュ コントゥラスト&ルージュ アリュール

どちらもノエル限定色
ジュ コントゥラスト#180は薄いオレンジよりのピンク 細かいラメがキラキラ
ルージュ アリュール#227は普段使いしやすいページュピンク


ネイル アディクション トウキョウ ジャズ


ネイル アディクション トウキョウ ジャズ

今季、ゼッタイに欲しかったのがこのキット
予約開始日にカウンターへ行き、早々に確保してきました

ネイルポリッシュ限定3色+マットコート+トップコート+キューティクルオイル
かなりお得感があるし、ポリッシュは3色とも使いやすくてキレイなカラーです

特に赤みのあるグレーがシックなJazzy Gray
重ねるとスモーキーなカラーに変化するブラックレパードのトップコートが素敵


もう来月になると、春の新色シーズン到来
すでにDMがいくつかのブランドから届いているけど、気になるモノ多すぎ
2014年12月18日 (木) | Edit |
マイネルガーデン


土曜日、マイネルガーデンが4戦目を迎えました

前走が予想以上の走りっぷりだったので、
さらに前進できれば…とは思っていましたが、そこはビクトリアの仔

そんなにすぐ良くなるタイプではないし、
徐々にレース慣れしていってくれればいいかな~ぐらいの気持ちで


マイネルガーデン


なんだかんだDDSPの傾向があるとのこと
対策として舌を縛られ、パドックに登場したガーデン君

相変わらず淡々とはしているんだけど、しっかり前を向いて集中モード
ホント、こないだから急にどうしてしまったんだろ

この日は10月末、一緒に北海道を回った友人と共に応援
「なんか、あのときと全然違うね!」ってびっくりしていたよ…


マイネルガーデン


いつ会っても思うけど、もうちょい馬体に厚みが出てくればいいなぁ
まだ全体的に薄っぺたいし、お尻やトモも寂しい


マイネルガーデン


新装グランプリロードを通っての馬場入り

ヤネはまたしても…
なんで中京開催してるのに、T氏が中山にいるんだろうか
こないだもそうだったけれど、脩くん空いているっつーの!!


マイネルガーデン


レースは気持ちゆったりめのスタートから流れに乗り、中団を追走
やや前目に付けることができて、「よっしゃ!」と思いながら観ていました

それが直線に入ったあたりから行きっぷりが悪くなり、みるみる失速
すっかり余力もなくなって、最後は追わずに流しながらゴールという…


マイネルガーデン


検量室前へ戻ってきたガーデン
とりあえず馬体は大丈夫そう…というか、疲れた様子もなく元気いっぱい

あの後退ぶりは距離が長いのか、DDSPがかなり影響しているのか
はっきりした理由は分からないけど、まぁ能力不足ってことなんだろうな

今後、どういう方向で進めていくのかは公式の更新待ち
長い目で見て欲しいけど、ラフィアンは見切りが早いから不安だわ
2014年12月17日 (水) | Edit |
今年は改装工事のため、秋の開催がなかった中山競馬場

皐月賞以来の来場となりましたが、そんなに久しぶりな感じもしなかったなぁ
1年ってホント、あっという間に過ぎていきますね

暦が競馬で動いているから、余計なのかもしれないけど

新装・中山競馬場の記事はコチラ
ホワイトフーガの記事はコチラ


コパノチャーリー

新馬戦、わざわざ東上してくれたコパノチャーリー
コパノリッキーの半弟で父はデジタル ポテッとしていて可愛かった


スガノデュランダル

お友達牧場の生産馬、スガノデュランダル
当歳時からちょこんとした女の子だったけど、全然変わってなくて嬉しかった


ハニーバニー

ボーラー産駒、そしてラブミーチャンの半弟になるハニーバニー
このあとは、しばしの休養へ リフレッシュして、またあの末脚を見せてね


トーセンバジル

あの位置から、ものすごい脚を見せてくれたトーセンバジル
豪快なレースぶりとは正反対、仕草や表情はめちゃくちゃ可愛いかったです


メイショウタマカゼ

昨年の福島遠征でステキな思い出をくれたメイショウタマカゼ
芝の長いとこ走れる貴重なメジャー産駒 これからも頑張れタマちゃん!


デスペラード

ステイヤーズSを連覇&ラストランとなってしまった、デスペラード
ノエルの仔ということもあり、ずっと応援してきたんだよね…まだ実感が


マイネルアウラート

シャンゼリゼの仔、テイオーの孫になるマイネルアウラート
ホントに惜しかった 勝ったと思ったんだけどなぁ… 次こそ!!
2014年12月14日 (日) | Edit |
先週の土曜日、ホワイトフーガがデビュー戦を迎えました


ホワイトフーガ


お友達の牧場の生産馬
お母さんのマリーンウイナーは栗毛が可愛い大好きな繁殖さんです

3番仔になるフーガちゃんですが、
マリ母さんが診療センターで命をかけて産んだ女の子

それが、こうやって無事にデビューの日を迎えることができたのですから
本当に奇跡的なことで…

私も張り切って応援へ行ってきました


ホワイトフーガ


パドックに登場したフーガちゃん
「どれぐらい白くなってるかな~」って楽しみにしていたんだけど、
いかにも若駒!って感じの芦毛っぷりに萌え


ホワイトフーガ


スナッチアキスもソルプレーサもそうだったけれど、
今年の2歳仔たちはパドックでみんな落ち着いてゆったりと周回してるなぁ
うるさい世代もあるのに…ね


ホワイトフーガ


馬場入りも問題なく、返し馬もスムーズ
調教での動きも良かったことから、最終的には1番人気に推されました


ホワイトフーガ


緊張のレース

スタートを決め、無理なく前々へと進出
スピードもあるし、ラクに走っている姿を見て 「勝てそう!」ってすぐに思ったよ

直線に入ってからもバテることなく、後続を離す一方
最後は7馬身差つけての圧勝でした いやぁ~、めちゃくちゃ強かったわ


ホワイトフーガ


感動興奮絶叫でフラフラしながらも
いつも牧場へ一緒に遊びに行っている友達と共に、検量室前へダッシュ

コースから戻ってきたフーガちゃん
鞍上の大野J、それを笑顔で迎える厩務員さん&高木先生
みんなみんな嬉しそうでした 新馬勝ちなんてすごいね!


ホワイトフーガ


ウイナへ向かう際も全く入れ込むことなく、厩務員さんの横をてくてく
もうお利口すぎで、ホントどうしましょうって感じ


ホワイトフーガ


口取りもバッチリ

いろいろあった仔だけに、牧場も喜びが大きかったようです
マリ母さん、こんなすごい娘を命がけで産んでくれてありがとう

次走は黒竹賞を予定
私も引き続き、微力ながら精一杯応援していきます
2014年12月12日 (金) | Edit |
今開催から新しくなった中山競馬場

とは言っても、変わったのは一部スタンドがなくなって
グランプリロード(はなみち)ができた、ってことだけなんですよね
フードコートとか、もっと充実させて欲しいって思うんだけど

それでも、いつも一緒に中山を走り回っている私と友人
取り壊されたメモリアルスタンドやウイナーズサークル、検量室前などが
行動パターンに入っていたので、今回のリニューアルはかなりの重要事項

これからスムーズに動くためにも、まずは慣れよう!ってことで、
バタバタとあれこれ走り回って、観察&研究してみました


グランプリロード(はなみち)


グランプリロードから続く、検量室前

これはスタンドの上から眺めた全体図で、
走り終えた馬たちが一斉に引き上げてきたところです

お目当ての馬がいたときは、より近くで見ることができる下へ

馬との距離もほんと近いし、関係者の会話もしっかり聞こえてきました
ただ、段差や坂が全くないので、いちばん前に行かないと見えにくいかもしれない


グランプリロード(はなみち)


こちらが検量室前からグランプリロードを通り、帰っていく馬たち
「お疲れさま」って、思わず声を掛けたくなるような光景


トーセンバジル


口取りを終え、ウイナから引き上げていく様子もこんなに近くで見れます
葉牡丹賞を制したトーセンバジル君 厩務員さんに労われ、なんだか嬉しそう


ホッコーブレーヴ


芝のレースは、グランプリロードを通って馬場入り

ホッコーブレーヴと田辺J、カメラ目線ありがとうございます
騎手も初めてだからか、キョロキョロしている人が多かった気がする

ちなみにパドックで乗らなかった騎手たちは、検量室前で待機
みんなでペラペラ喋ってる声なんかも聞こえるので、ちょっと面白かったな~


ウエスタンメルシー


初日ということもあり、パパッと動きにくい面も多々あったけれど
慣れてしまえば、全く問題なさそうかなって感じはしましたね
馬がより身近になったのは間違いないです

個人的には、ウイナの高さがなくなった&上からだと遠くなった点が少し残念
敷物を使ったり、ずっと下で居座っているなんて無理だし
モデルはウエスタンメルシーさん)


ミュゼエイリアン


あとは中との距離が近くなった分、
野次とか罵声がダイレクトに届いてしまうというのが、「…」かも

実際に典さん、ジロッと睨んでいたし 最低限のマナーは守って欲しいわ
ただでさえレース後の馬は興奮状態なワケで、大事になったらどうするの!?
モデルはミュゼエイリアン君)

メモリアルスタンドがなくなった=座席が減った
という点に関しては、有馬以外じゃ特に影響なさそうな気がしますね
もともと普段の中山は閑散としているし…

もう少しの間、友人と使い勝手を模索することになりそうです
2014年12月11日 (木) | Edit |
タンゴ


先週の乗馬
お相手はタンゴ(競走馬名・マイネルバンベール)です

燦くん以外の仔に乗るのは、1ヶ月半以上ぶり
しかしタンゴとなると…脚の使い通しになるのは目に見えているので
疲労度という点では、倍増すること間違いなし

…で、さっそく懸念していたとおり
馬装整備を終え、蹄跡へと動かしたいのに…固まったまま微動だにせず
いくら圧迫してもムチを使っても、さっぱり効いとらん

し、しかも先生の長鞭にも無反応
お腹への蹴りでようやく動き出すという…タンゴ君、のんびりしすぎです

やっとことさ歩き始めたところで、定位置の先頭スタート
後ろに迷惑かけられないし、ホントに大丈夫かなぁ…って不安だらけだったよ
まぁ動き出してしまえば、バタッと止まることはないんだけど

でも、常に推進し続けないとスピードダウンしてしまうのは毎度のこと
最初から最後まで、ずーっと脚
レッスン開始10分ぐらいで、私のほうが息切れしてしまいました

本当におとなしい性格で、暴れたり騒いだりすることは一切ないから
乗っていて安心感はすごくあるんだけど、疲労感は速歩班の馬で№1かもなぁ
お陰で現在、股関節の筋肉痛がハンパないです

果たして、タンゴを乗りこなせる日は来るのだろうか


ダイイチミラクル


まだまだ厩舎の工事は続いております

簡易馬房はちょこちょこ馬たちが入れ替わるのだけど、
この日はダイイチミラクルの姿がありました

口元に傷があったので、噛まれたんだろうなぁ
2014年12月09日 (火) | Edit |
早いもので、秋の東京開催も先々週で終了

なんだかんだで結構、通った気がするなぁ
締めは6連闘だったしね

場内、さらには競馬後までお付き合いしてくださった皆さん
大変お世話になりました&ありがとうございました

ちなみにJCですが、
10Rに出走するトウカイオーロラと共にパドック馬場へ移動してしまったので、
は1枚もありません GⅠデーは混みすぎで嫌…

ソルプレーサの記事はコチラ
メイショウヒデタダの記事はコチラ
トウカイオーロラの記事はコチラ


バトナージュ

ソルプレーサにアツくなっていた新馬戦、一緒にデビューしたバトナージュ
とりあえず使ってみました!感の強いレースになってしまいましたね


トウカイビジョン

トウカイファインの仔、トウカイステラの孫になるトウカイビジョン
美形だったお母さんの面影を感じるハンサムボーイ 昇級後も楽しみです


ワイルドコットン

分厚い前髪に視線が釘付けになってしまったワイルドコットン
4本のハイソックスも可愛かったなぁ これでもか!ってなダート血統もステキ


ビッグリバティ

大和田厩舎のビッグリバティ 勝利おめでとう
厩務員さんの肩にさりげなく手を回すムーア様に にしても、顔小さすぎでしょ


スガノジャジャウマ

お友達牧場の生産馬、スガノジャジャウマ
やっぱり当歳時に遊んだ仔たちは、競馬場で再会すると感慨深いです


ロサギガンティア

黒くて大きくてカッコいい、見た目ほんとに大好きなロサギガンティア
フジキセキの入った馬にこだわりアリな私、彼はまさに理想的な産駒だわ~


サムソンズプライド

ご一緒していたお友達の出資馬、サムソンズプライド
よくこっちを見るのに視線が合わないのはいつものこと 不思議な目だ…


WSJS

WSJSの表彰式
騎手のみなさん、笑顔が素敵でしたわ 浜中J、優勝おめでとう!
2014年12月07日 (日) | Edit |
先週の日曜日、最大のお目当てはJC!と言いたいところですが、
個人的メーンはトウカイオーロラが出走するプロミネントJTでした


トウカイオーロラ


7歳になったオーロラ氏
府中は相性が良いということで、しょっちゅう東上してくれます

初めて来てくれたのが、3年前の秋
哲ちゃんが乗って2着に食い込んだ精進湖特別、忘れることができません
あのときも大混雑のGⅠデーだったなぁ…

田所厩舎は条件馬が東上することって滅多にないんだけれど、
オーロラだけは適正を考慮して、こまめに連れて来てくれるんですよね

ほんとに有難いことです


トウカイオーロラ


現在、中央で登録されているテイオー直仔は2頭のみ

今年の春、オーロラの全妹が誕生している+1歳も3頭いるから
まだ最後ではないけれど、寂しい限りで

先月、クワイトファイン種牡馬入りとの一報があったばかり
オーロラもなんとかならないかなぁ 走る血統だし…


トウカイオーロラ


近走の成績と相手関係から全く人気はありませんでしたが
叩いて良くなっていくタイプなので、前進するのは間違いないと思っていました

ただ、せっかくのWSJSなのに鞍上がぁ…
どうせなら別のジョッキーが良かったけれど、こればかりは仕方ない


トウカイオーロラ


JC待機で、パドックに張り付いたまま動かない人たちを掻き分け
同レースに出走するサムソンズプライド出資者のお友達と共に馬場へGO!

レースは中団後ろ目を進み、直線に入ってジリジリジリジリ
いつもどおりの内容だったけど、ほんと必死に走っているのが分かって涙涙

春は障害練習もしていたオーロラですが、
まだまだ平地で十分にやっていける気がするよ

これからも無事に元気に走り続けてくれることを祈っています
ずっとずっと応援しているからね
2014年12月06日 (土) | Edit |
土曜日、ソルプレーサと並ぶお目当てだったのが
メーンのファンタスティックJTに出走したメイショウヒデタダ


メイショウヒデタダ


ボーラーの仔だから、デビュー時から追いかけてはいるのですが
関西馬ということもあって、会うのはこの日が初めて

写真や映像で見る限り、めちゃくちゃ可愛い顔をしているもんで、
ほんとにほんとに楽しみにしていました


メイショウヒデタダ


パドックに現れたヒデタダ君…か、可愛すぎるっ!!
クリッとした真ん丸の瞳がキラキラしていて、たまらん愛らしさ

でもって、をじーっと見つめるのよね
山のように撮った顔写真、ほぼ全てがカメラ目線でした

馬体は父譲りで黒くてカッコいいのに、あの表情…
いわゆるギャップ萌えってやつでしょうか

今、思い出してもニヤニヤしてしまう 想像以上の可愛さだったなぁ


メイショウヒデタダ


二走前、単勝294.3倍で大穴を開け(複勝しか買ってなかった私を許して
準OPへ昇格

ジョッキーも太宰、川島、フルキチあたりが主戦だったのに、
WSJSということで、この日は岩田 ものすごいランクUPじゃ


メイショウヒデタダ


レース内容は、追い出したあともなかなか差が詰まらなくて、
もう少しクラス慣れが必要かな~という感じではありました
でも最後までしっかり走っていたし、着順ほど負けてはいないんだよね

これからもヒデタダ君の成長を、しっかり見守っていくつもりです
また府中&中山へも来てね!
2014年12月05日 (金) | Edit |
アブラシオの第2仔・ソルプレーサのデビュー戦、行ってきました


ソルプレーサ


少しが降るかも?って予報はあったので
とりあえず傘は持って行ったんだけど…す、少しどころじゃない

ひとつ前のレースあたりからザーザー降りになって
新馬戦@パドックのころが、いちばんのピークだったような…
靴も上着も雨仕様じゃなかったので、びしょ濡れになってしまいました

でも私のことより、こんな悪コンディションのなか
デビュー戦を迎えることになってしまった16頭の新馬たち、可哀想だったな


ソルプレーサ


パドックに登場したソルプレーサ君
「大きくなったなぁ」ってうるうるすると同時に
「やっぱり顔がアブに似てる~!」ってプチ興奮状態

入れ込むこともなく、ゆったり落ち着いて周回する姿が頼もしかったわ
お母さんのアブは割とうるさいタイプだったしどうなのかなぁ…
って思っていたんだけど、いやいや余計な心配でした


ソルプレーサ


500キロを超える馬体&バランスも素晴らしくて、
なんとなくエンパイアメーカーの良さが出ている感じ

パドック登場前はオッズも10倍以上ありましたが、
周回を重ねていくにつれてどんどん下がり、最終的には6.5倍に
みなさん、分かってるじゃないの!!

初出資馬の仔なので、思い入れが強いのはもちろんなんですが、
生産牧場さんとはお友達として仲良くさせてもらっていることもあり、
そっちの立場からもより一層、力が入ってしまう感じ


ソルプレーサ


馬場入りも問題なくこなし、いざレース

ホントは春の府中でデビュー予定だったんですよね
それがここまで延びてしまったのは、ゲート練習でケガをしてしまったから

なので、個人的にゲートが少し気になったりしていたんだけど
無事にスタートを決めてくれて、ホッとひと安心

そのあとは前々で競馬を進めることもできたし、
ドキドキ感よりはワクワク感のほうが強くなっていったかな


ソルプレーサ


最後も「一杯かな…」と思わせておいて、もうひと伸び
とても味のあるレースを見せてくれたと思います
アブ母さん、素敵な息子を送り出してくれたじゃないか!

普段もとてもおとなしい性格のようで、あまり手のかからない優等生だとのこと
エンパイアメーカーの代表産駒になれる可能性も
十分にありそうな予感がするし、これからもケガなく元気に頑張ってね
2014年12月04日 (木) | Edit |
①の続きです


後藤騎手

私がプレイヤーハウスに燃えてた新馬戦を勝ったのは、カボスチャン@後藤J
場内は温かい拍手 ウイナでのパフォーマンスは彼ならでは おかえり!


ヴェアリアスサマー

怒りの連闘だったはずのヴェアリアスサマー
大士厩舎のボーラー産駒だから愛着あり 前へ行くだけじゃあダメなのかな…


タニセンジャッキー

お友達牧場の生産馬、タニセンジャッキー
あまりにバカにされすぎな人気でしたが、このクラスでも十分やれるはず


マイネルシュバリエ

ちょびっと出資を悩んだマイネルシュバリエ
こないだ明和で会ってきたばかり 姉もそうだけど、やっぱり小回りなのかな


クラージュシチー

会うのを楽しみにしていたクラージュシチー
パドックでのやる気のなさとは裏腹に返し馬&レースではアツいタイプだ


ストリートキャップ

きっとみんなが応援しているストリートキャップ
お母さんと当歳時に会っていることもあって、私も思い入れの強い1頭です


サトノクラウン

好メンバーの東スポ杯2歳Sを制したのが、サトノクラウン
口取りでは前掻きしまくりで微笑ましかったな 血統的(ND系)にも興味あり
2014年12月03日 (水) | Edit |
先々週は3日間開催

初日こそ、乗馬帰りに寄ったので11・12Rのみでしたが、
日・月曜日はみっちり満喫してきました

この3日間で撮ったの枚数、なんと1000枚以上

マイネルガーデンの記事はコチラ
プレイヤーハウスの記事はコチラ


アンズチャン

名前と可愛い馬装が人気のアンズチャン
私はフレンチマニアなので、何たってこのムッチリしたお尻が もろにフレンチ


シグナルプロシード

府中大好きってことで、しょっちゅう東上してくれるシグナルプロシード
ルドルフ肌ということで、ボーラー産駒のなかでもいちばん思い入れが強いです


マイネルインプレス

ガーデンと一緒に走ったマイネルインプレス
去年、明和の放牧地で一緒に遊んでいた仲間 また共に走ろうね!


キングイマデショウ

ガーデンのレースで勝ったのがキングイマデショウ
人気薄のボーラー産駒 典さん圧巻の逃げ、お見事でした


トエハタエ

お友達牧場の生産馬&大好きだったテレグノシス産駒のトエハタエ
当歳時に戯れた仔なので、ドキドキのデビュー戦でした


ドラゴンピース

この日は持ち味発揮! 切れに切れたドラゴンピース
父デジタル+お母さんもよく知ってるモノトーン 口取りでもお茶目な表情


サクラプレミア

デビューから典さんに教育され続けているボーラーっ仔・サクラプレミア
この日は休み明けもあったかな、調教代わりのレースでした


②へ続く…
2014年12月03日 (水) | Edit |
燦


先々週の乗馬
お相手はまたまたまた!燦くんです

これで4連続騎乗…
よっぽど燦での下手くそっぷりが目立っているんだろう…って解釈しましたわ

こういうとき「何とかするぞ」って逆に気合いが入る性格の私だけれど
「空回りしないように」って平常心を保つよう、心掛けました

この日は馬場入り後、馬装整備に入るまでもスムーズ
さっさと終わったから、蹄跡へ出るのもいちばん最初だったんだけど、
すぐ進んで行ってくれて、何となくやる気を感じる足取り

燦くんの気持ちを潰さないように…それだけを考えて、いざレッスン

しかしまぁ、相変わらずハエが多くてね
馬によって気にする度合いは違うんだけど、燦くんはめちゃくちゃ敏感

とにかく頭の振り方が激しいので、毎度のことながら
手綱をなるべく持っていかれないよう、張ることを第一に考えて乗りました
あと腕はどうしても不安定になるから、鐙だけはしっかり踏めるようにと

その状態で速歩継続かなり不恰好な感じではあったと思うけど、
止まりそうになったときも脚を使えて回避できたし、まぁ何とかなっていたかな

でもストライドが大きいので、スピードコントロールは相変わらず難しかった
前のクリールに近づきすぎになる場面も多々…

まだまだ課題はたくさんあるけれど、ここんとこかなり燦くんに鍛えられたので
今度オベリスクやブルーに乗るときは、ものすご~くラクなんだろうなぁ