--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年03月31日 (火) | Edit |
お友達がこんな素敵なバッグを作って、プレゼントしてくれました
名付けて推し馬バッグ


推し馬バッグ


左がマイネルボルソー 右がプレイヤーハウス
私にとって、今ものすごーく大切な2頭です

デザインもほんと可愛いし、大きさもランチバッグにぴったり
さっそく毎朝、お弁当を入れて通勤に活用中なんだけど
同僚にも「可愛いね」って大好評~


推し馬バッグ


裏はこんな感じ

勝負服カラーをベースに、馬名+父名+母名がプリントされています
もうこれは商品化すべきってくらい、本格的で凝った作り

大事に大事に使わせてもらっています 素敵なバッグをありがとう
スポンサーサイト
2015年03月28日 (土) | Edit |
土曜日、ホワイトフーガがフラワーCに出走しました

このあとの最大目標は関東オークスになると思うんだけど、
間隔も空いてしまうし、すでに2勝をあげて余裕もあることから
このタイミングで芝に挑戦!!(たぶん


ホワイトフーガ


パドックに登場したフーガちゃん

これまでと全く変わらず、落ち着いて周回していました
くるくると耳を回す仕草も同じで、ホントにかわゆい


ホワイトフーガ


芝は目の前で返し馬が見られるので、猛ダッシュで馬場へと移動
颯爽と駆け抜けて行ったフーガちゃん、芝も大丈夫そうかな??


ホワイトフーガ


1800なので、輪乗りもバッチリ

フーガちゃんの他にも、お友達の応援馬である可愛い可愛いアルビアーノ
小さいときに牧場で戯れたローデッド 嶋田オーナー所有のホワイトエレガンス 

牝馬重賞はみんな可愛らしくて華やかで、目移りしてしまいますね


ホワイトフーガ


緊張のスタート

ポン!と出て、前目のポジションを確保
芝でも持ち前のスピードは健在のようで、「いいかも」って思いながら
見守っていたのですが…

直線に入って、残り2ハロンあたりで疲れてしまい
そのあとはもう無理をさせず、流すような形でゴールしました


ホワイトフーガ


引き上げてきたときの様子も特に異状はなく、厩舎のみなさんも「よしよし」って
慣れない芝でも果敢に先行したフーガちゃん、ホント偉かった&頑張ったね

でも最後は画面から消えただろうし、「きっと心配してるだろうなあ~」って思い
すぐに牧場へをしたのですが、いやいや前向きな様子でホッとしましたわ

次走はダートへ戻り、伏竜Sを予定しているとのこと
ソルプレーサも帰厩して時計出しているし、また一緒に走るのかしら…ねぇ


アルビアーノ


おまけ画像

3連勝でフラワーCを制したアルビアーノ
ホントに強かった 一緒に観ていたお友達も大喜びでした

次走はNHKマイルCとのことで、話題の尻尾は新緑バージョンを期待~
2015年03月27日 (金) | Edit |
カブ


先々週の乗馬
お相手はつい最近、ウチにやってきたばかりのカブ君

カブは現役時代、コンプトンジュエルという馬名で走っていました
中央では3着まででしたが、転籍した大井で3勝を挙げています

しかも昨年11月末まで走っていたので、引退してまだ3ヶ月半ほど
そんな現役バリバリな仔に私が乗って大丈夫なんだろうか…

まずは馬装から仲良くなろうってことで、ペタペタとスキンシップ

カブ君、めちゃくちゃおとなしい!
ブラッシング、裏掘り、腹帯、頭絡まで全く問題なし

しかも小さくてのような愛くるしいお顔なもんだから、友人たちにも大人気
「いいなあ、私も乗りたい」って、みんなにうらやましがられましたわ

先生いわく「前向きなクリールって感じでクセもないから乗りやすいはず」
とのことで、ワクワクしながらカブ君に跨りました

そしたらもう、何というか…動きがフワフワしていて弾むような感覚
馬場へ入る前から「何これっ」ってビビってしまうくらい、ほわ~んとしていて

レッスンに入ったあとも常歩、軽速歩ともにスムーズで、
私が合図しなくても勝手にひょこひょこと動いてくれちゃうオートマチックぶり

当然ながら、ムチや脚も全く使わず
とにかくハミが敏感だから、手綱の張り具合がなかなか難しくて
ちょっと引くだけで、壊れてしまいそうな感じがしました

最近は重~い燦くんや口の強いブルーに慣れていたもんで
ホント何もかもが新鮮すぎて、良い意味で気持ちのラクなレッスンだったなぁ
脚なんて使ったら、ビューン!って飛んでいってしまいそう

つい習慣でバシバシやっちゃいそうになるけど、馬はそれぞれ違うんだよね
忘れかけていたことを再認識させてくれたカブ君、ありがとう


コンプトンジュエル


カブ君のことをあれこれ調べていたら…お、驚きの事実が

なんと私、カブことコンプトンジュエルの新馬戦を函館で現地観戦しておりました
の写真がそのとき撮ったものなんですが、いやいやびっくり

このときはテイオーが函館に来場するということで、友人と行っていたんだよね
不思議な縁を感じずにいられません

先生たちにも写真を見せてあげなくちゃ
2015年03月26日 (木) | Edit |
更新が滞っております

ではPCを開けないので、写真の整理や記事を下書きするのは
仕事の合間にやるしかないんですが、ここんとこあまり合間がありません

どうしても、個人的に送る写真やメールなどの作業が優先になってしまうので
ブログは後回しになっちゃうのよね… 言い訳

ネタが古くなってしまったので、載せる必要ないかな~とも思ったんですけど、
唯一稼動してくれている出資馬だし、ちゃんと残しておきましょう


マイネルボルソー


15日、中山でマイネルボルソーが出走しました

小倉から戻ったあとも元気いっぱいとのことで、中二週でここへ
ボルソーの健康優良児っぷりには、ホント感心&頭が下がります


マイネルボルソー


やはりローカルだった前走に比べると、面子のレベルは数段上

しかも、ボーラー産駒JRA勝利第一号+思い入れの強いトミケンユークアイ
大好きだったペディクラリスの息子であるバンズームと一緒に走れるなんて

もう、ホントにホントに胸がいっぱいでした
ボルソー殿、あなたは1000万クラスに上がったんだねぇ…


マイネルボルソー


普段と変わらないミドルハイテンションなパドックを経て、返し馬もスムーズ

とにかく前走はスタートで出遅れたことが痛かったので、
まずは無難に出て、前目のポジションを取れるかどうかが重要かなって

そのあとは相手との力関係次第ではあるけれど、
ボルソー自身はしぶとく食らい付いていけるだろうから、どこまでやれるかと


マイネルボルソー


スタートを決め、早い流れの中でインの3、4番手あたりをキープ

途中はややスローに落ちたけれど、好ポジションを取れたので
このまま最後まで粘り込めたらいいなあ~と思いながら、最後の直線へ

でも、さすがにこのクラスの安定勢力はスピードが違います
後ろから来る脚、前目で垂れずに残る脚、いやいや凄かったわ

ボルソー自身も最後まで懸命に走り、掲示板にはハナ差及ばずの6着でゴール


マイネルボルソー


大知Jいわく「流れが向かなかった」とのことでしたが、
個人的にはこのメンバーであの位置を取れたこと、
厳しい展開の中を最後まで粘れたことは、とても大きな自信になりました

小倉でもある程度の手応えはつかんでいたけれど、
改めて「このクラスでも今後、十分にやっていける」って確信が持てたかな

遠征を挟んで連戦してきているので、続けて使っていくかは
様子を見てから決めるとのこと 明日の更新で今後の予定が分かるでしょう

でも、こういう健康優良児タイプって休むタイミングを取りづらいのはあるかも?
黒岩先生もギュッと詰めて使うの好きじゃない人だし、どうしますかねぇ
2015年03月13日 (金) | Edit |
先週、先々週と中山で応援馬が何頭か出走していて
写真と記事をUPしたい気持ちはあるのですが…時間と手間が追いつきません

というわけで、新鮮なうちに1頭だけご紹介


マイネルバウンス


日曜日の上総Sに出走し、5着だったマイネルバウンス
私にとって、ラフィアン&シルクに多数いる「エア出資馬」のなかの1頭です

ですがっ
彼は軽~いエアではなく、ギリギリまで悩んだちょいと重~いエア

この世代は1頭出資しようと決めていて、
ブラームス、カブト、テンクウ、アトラクト、モーヴ…
最後まで天秤にかけて悩んだのがブラームス、カブト、そしてバウンスでした

カブトは芝の長いとこ走れそうなフレンチ産駒ってことで
かなり惹かれたのだけれど、萱野厩舎ってのがどうしても許せなくて
ある意味、T内よりも宜しくないI部がもれなく付いてくるからね

ブラームスとバウンス
最終的にはおっとりした性格+大好きだったデジタル産駒ということで
関西馬に目を瞑って、ブラームスに決めたんだったなあ

もちろん、ブラームスに出資したことは後悔していないし
今も南関で頑張っている姿をネット中継で応援して、楽しませてもらってる

だけど!だけど!!だけど!!!
バウンスが大士厩舎へ転厩するなんて、予想外すぎて悔しさも倍増ですわ


マイネルバウンス


父譲りの栗毛と大士厩舎のメンコがまぶしい
ホント素晴らしい馬になったなあ~って、この日もパドックでうっとりしていました

デビュー戦から素質の片鱗を見せ、「これは!」って思わせたバウンス君
2戦目であっさり勝ち上がったものの、その後は骨折が判明

軽度だったのですぐに復帰はしたけれど、そのレースでモタれて調教再審査
さらにはそのあと、目に腫瘍ができて手術剥離骨折が見つかり手術…
なかなか体質がしっかりしなくて、ほんと心配していました


マイネルバウンス


でも、それを乗り越えたあとは順調にレースも使えるようになったし、
T内を乗せても安定して走ることができるという、ラフィアン馬の鑑となる存在に

このままいけば、OPにも手が届きそうかな!
こんなに走れる馬になるなんて…
エア出資馬とはいえ募集時には想像できなかったなあ

ちなみにバウンス君、全然売れてなかったはずです
ブラームスやカブトも大して売れなかったけれど、それよりももっと

何もかもが地味で、これからもあまり注目はされなそうですが
転厩先にも恵まれたし、私はずっとずっと心の愛馬として応援し続けていくからね
2015年03月11日 (水) | Edit |
もう3週間近く前の出来事+しかも今週出走予定ということで、
今さらUPするのもどうかな~と思ったのですが…

せっかく小倉まで応援に行って来たし、備忘録も兼ねてさらっと載せておきます


マイネルボルソー


先月21日、小倉11R・和布刈特別に出走したマイネルボルソー

2勝目を上げたし、少しは大人になったかも? 
なぁ~んて、ちょい期待してみたりもしたけど…パドックでの様子は相変わらず

この日もみっちり、担当厩務員さんに怒られながら周回していました
真っ直ぐ前を向いて歩けなくて、ホントすいません


マイネルボルソー


ヤネは久しぶりなこのお方

前走勝たせてくれた黛Jが残ってるっつーのに、替える意味が分からん
ボルソーに対しても、あまり良い印象は残っていないしね


マイネルボルソー


無事に返し馬を終え、レース

…で、ですが、スタートで痛恨の出遅れ
タイミングが悪かっただけなんだけれど、逆神ならではの技というか
こういう事態を引き起こす、負のオーラみたいなものを感じずにはいられない

これは、T内に乗られたことのない人には分からないものかとは思うけれど


マイネルボルソー


早い流れだったので、無理はさせず後方を追走する形に

さすがにあの位置取りでは厳しいと思ったし、とりあえずは昇級初戦なので
どの程度ついて行けるのか…そっちへ気持ちを切り換え、見守ることにしました

それでも離されることなく、流れには乗れてる!

ボルソー最大の持ち味は「しぶとい+最後まで一生懸命」なところなので、
どこまで詰められるかなと思っていたけれど、じわじわ進出して5着でゴール

このクラスでもやっていけることが分かったし、収穫のあるレースとなりました


マイネルボルソー


レース後はラフィアンのOさんがいたので、
調教師&騎手のコメントや今後の予定などを含め、しばし立ち話

とにかく、丈夫で元気なのが取り柄のボルソー殿

順調であれば、そのうちチャンスも来るだろうし
これからもケガなく走り続けてもらえるよう、しっかり見守っていかなくちゃね!
2015年03月04日 (水) | Edit |
先々週の話になりますが、6年半ぶりに小倉競馬場へ行ってきました

往復航空券+宿泊付で28,000円 探せば安いプランがあるもんです
この前、ボルソーがくれたお小遣いから引いても、20,000円弱のお釣りが!

今回は、小倉在住のお友達・りえさんと会うのも楽しみのひとつで
競馬に食事に…2日間、ホントお世話になりました

パドックも見やすいし、馬場が近いからレースも迫力満点
競馬がより身近に感じられる小倉は、やっぱり素敵なところだったなあ

ボルソーの記事はまた改めてUPするとして、ざっと数枚


サンライズフルール

大好きだったサンライズペガサスの産駒、サンライズフルール
今、関東にはサンペガ仔がクリノコマチしかいないので、会えて嬉しかった


ケントヒーロー

いつも頑張る健気なお孫ちゃん、ケントヒーロー
ホント可愛かったし、最後は力が入ったよ あとちょっとだったなあ


ポーラメソッド

タイキポーラの仔、ポーラメソッド
2週前に中山で会って、また小倉でも会えるなんて 芝を走らせたい…


ライドオンウインド

くすのき賞を勝ったのはデジっ仔、ライドオンウインド
半兄はMサンオペラじゃないか こういう仔を探してきて募集して欲しいわ


カレンブラックヒル

小倉大賞典を制したのは、カレンブラックヒル
さすがGⅠ馬の貫禄 今年はまたビッグタイトルが獲れたらいいね


コスモソーンパーク & ダコール

小倉大賞典で2着のコスモソーンパーク 3着のダコール
仲良く並んで戻ってきましたが、騎手も馬も泥まみれ お疲れさま!!


メイショウカイドウ

現役時代も引退後も小倉の顔といえばこのお方、メイショウカイドウ
久しぶりの再会 やっぱりカイドウさんはカッコいいなあ
他にフィールドベアー、マチカネオーラ、メイショウドンタク、サンライズベガの姿も
2015年03月02日 (月) | Edit |
Twitterで一報を知り、すぐに美浦の友達に確認をし…
数日経った今もまだ信じられない、信じたくないという気持ちです。

あの日は全く仕事も手に付かず、
あれこれ思い出したり、PCの記事や画像を眺めては涙ぐみ、
自分の思いをまとめて綴るなんてことができる状態ではありませんでした。

私たちファンにしてみれば、誰よりも身近なジョッキーであったごっちゃん。
競馬場へ来る人なら、みんなが知っている彼のファンへ対する気配りと優しさ。

このものすごい喪失感は、どうやっても埋められるものじゃないです。

ご本人にしか分からないことを憶測で長々と書くことはできないし、したくもない。
本当に本当にたくさんの思い出がありすぎるのですが、ほんの一部を…


マイネルソロモン&後藤騎手


マイネルソロモンを親子2代、無敗でダービーの舞台へと導いてくれました。
それが本番であの不可解な乗り替わり。今も腹立たしい気持ちでいっぱい。
ラフィアンは昔からおかしなクラブだったなあ…って改めて思う。


サンライズペガサス&後藤騎手


2度の屈腱炎を克服、大好きだったサンライズペガサスの毎日王冠。
強豪揃いのレースでしたが、9番人気での快勝!!
ゴールの瞬間に雄叫びをあげたごっちゃんの姿、今も鮮明に覚えています。


ローエングリン&後藤騎手


ローエングリン&後藤騎手


ごっちゃんにとっても特別な馬であったろう、ローエングリン。
あの涙の中山記念は忘れられない人が多いんじゃないかな…。
きのうのロゴタイプの走りには、じーんときたよ。


ネヴァブション&後藤騎手


ネヴァブション&後藤騎手


大好きだったネヴァブションと担当していた友達を応援するため、香港へ。
そのときの鞍上がごっちゃんでした。
何度観ても、本当に素晴らしいレース。最高の思い出です。


アンジュシュエット&後藤騎手


出資馬であったアンジュシュエットを勝利へ導いてくれたのも、ごっちゃん。
一緒に口取りもさせていただきました。
そしてこの日の午後、あの2度目の落馬が…。


今、これを書いている最中も泣きそうになっています。
仕事の合間なのに。
いろんな思い出がダダダダーッと頭の中を駆け巡っている状態。

土曜日はお花を持って、中山競馬場へ行きました。
献花台を眺めていてもボーッとしてしまうというか、まだ信じられなくて。
普通にパドックへ現れ、ウイナでファンに応えてくれるんじゃないかと。

この土日はたくさんの友達に会いましたが、話題の中心はやはりごっちゃん。
みんな同じ思いだったし、彼の愛した競馬をこれからもしっかり見ていこう、
そんな気持ちでいっぱいになった2日間でした。

ごっちゃん、競馬の楽しさを教えてくれて本当にありがとう。
山ほどの思い出を胸に…。どうぞ安らかにお眠りください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。