--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年05月30日 (土) | Edit |
日曜日はオークスDAYでしたが、
私にとってのメインレースはラインハーディーが出走するテレ玉杯


ラインハーディー


年明けに詰めて使われたこともあって、この日は約2ヶ月ぶりの実戦
前走がやや疲れの感じられるレースだったので、少しはリフレッシュできたかと

最近は大外枠が多いハーディー嬢 今回もまた!大外でした
勝負服と同じく帽子までピンク、なんか女子力UPで感じで可愛いです


ラインハーディー


相変わらず騒々しいパドックでしたが、これまでと違うことがひとつ

そう、鼻の上にシャドーロールが付いたんです
姉のオツウと違って器量のよいタイプではないので(おい
このピンクの可愛いシャドーロールがとてもよく似合う 褒めてるんですよ

あともうちょっと!って状態が続いているハーディーのために
いろいろ考えて下さっている現場のみなさん、本当にありがとうございます


ラインハーディー


この日もパートナーは頼りになる典さん

ハーディーのことはよく分かってくれているし、能力の高さや気性面についても
2歳のときから積極的にコメントしてくださってね ホント安心して任せられるよ


ラインハーディー


レースは位置取りも完璧だったし、終いもしっかり脚を使って伸びてきた

シャドウウィザードと鼻面を併せてのゴール!!
見た感じ、ちょいとハーディー不利かなあ…とは思ったんだけど、
写真判定が長かったので、ひょっとして!?って徐々に色気も出てきちゃって

結局、ハナ差及ばずの2着…悔しかったなあ

来月には降級するので、またすぐこのクラスへ戻って、
さらに上を目指すこととなるはず これからもしっかり見守っていきます


最後に。

このレースで一緒に走ったタブレットが最後の直線で故障を発症し、競走中止。
脚を痛そうにして馬運車を待っていた姿、今も忘れられません。

競走馬にケガはつきものだとはいえ、
このような悲しい事故が少しでも減りますように。

タブレット号の冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
2015年05月26日 (火) | Edit |
土曜日、キッスアフィニティが新潟で6ヶ月半ぶりに復帰戦を迎えました

下記の写真はすべてデビュー戦で撮影したものです


キッスアフィニティ


前走後、フレグモーネが悪化して手術するという特異な状況に追い込まれまして
一時は生きるか死ぬかというレベルにまで達したのだそうです

それを考えると、思っていたよりも早く戻ってきてくれた気が

使われつつ良くなっていくタイプだろうし、筋とか骨とかの問題ではなかったから
復帰さえできれば、そのうち何とかなるはずだと思っていましてね

今回は乗馬の予約も入れちゃっていたし、
の見解もあったので、おとなしくこちらで見守ることにしました


キッスアフィニティ


それがっ いきなりやってくれちゃったもんだから、ホントにびっくり!!

ローカルだけあって相手関係はラクな印象だったし、
飛びが大きくて小細工できない&ピッチが上がらないタイプなので、
新潟+距離延長は間違いなくプラスだとは思っていたけど…復帰戦からやるとは

スタートは相変わらず下手でしたが、すぐに進出して道中は中団の前あたり
3コーナーで仕掛けていくと、そのままグイグイ
直線で先頭に立ってからは後続を引き離す一方!という快勝っぷりでした

いやいや、スゴかったなあ
当日、帰宅してから録画を15回以上見たし、きのうも5回ぐらい見ちゃったよ


キッスアフィニティ


田辺Jも「まだ精神的に幼い、馬体自体は緩い」とコメントしているとおり、
走っている様子もなんとなく不器用というか、能力の高さだけで押し切った感じで

これから体もしっかりして、精神面でも成長していければめっちゃ楽しみ!
って点から考えても、まずひとつ勝てたことはホントよかったなあ~って思います

そして何より、一時は死にかけたキッスをここまで立て直してくださった
厩舎のみなさん、NF早来のみなさんには感謝しても感謝してもしきれません

長く活躍できる血統だと思いますし、これからはたくさん現地で応援できそうかな
また早く暴れん坊(相当ひどいらしい)のキッス坊に会いに行きたいです


プラズマ


おまけ画像

私にとって史上最高額となるお坊ちゃん・キッス坊に手を出すこととなった
最大の理由…それは大好きだったプラズマの半弟だから

とにかく顔が可愛くて走り方が豪快で、ずっとずっと追いかけていたプラズマ
当時やっていたPOGでは、妹のアドマイヤキッスを迷わず指名したほどでした

シルクのラインナップが出たとき、まずは血統からいちばん最初に興味を持ち、
実際に会ってそのカッコよさに一目ぼれをし、だけど高額だから少し悩み…
でも後悔したくないな~って思い、出資を決めたキッス坊

兄みたいな品のよさはないけれど 個性的で憎めない性格に愛着を感じるし、
黒くてピカピカ+飛びの大きい豪快な走り方+荒ぶる表情 etc
あのとき躊躇しなくて、ほんとにほんとに良かったです

素晴らしい子供たちをたくさん送り出してきたお母さんのキッスパシオンも
去年の秋に亡くなったそうで、2歳仔が最後の産駒に
すでに入厩しているっぽいし、この仔も精一杯応援していくつもりです
2015年05月23日 (土) | Edit |
ステラがデビューを迎えた土曜日、スターウインドも東京で出走しました

この10ヶ月の間、2頭で2走しかしてなかったシルクの出資馬が
同じ日に同じ東京で出走するなんて…ホントにホントに胸熱でした


スターウインド


この日が2戦目
デビュー戦はソルプレーサが中山で出走したため、応援に行くことができなくて

今回も中間の追い切り後、トモに反動が出ましてね
こないだと同じく大して時計は出せないまま、レースを迎えることになりました

しかも最初は新潟の予定が「輸送でトモに疲れが出るかも」との理由で
近い東京に変更されたという…めちゃくちゃデリケートなお嬢さんだわ


スターウインド


NF空港で4回会っているけど、競馬場での再会はやっぱり来るものが

デビュー戦を現地(福島)で見てくれた友人から聞いていたとおり、
パドックではゆったりと落ち着いて周回できていました

しかも妙に愛想も良く、を覗き込んでくるシーンも何度かあって
スターちゃん、可愛すぎるだろ


スターウインド


前走とは大きく条件も変わって、芝1800が舞台

もともと芝ならではの血統だと思っていたし、距離もきっと中距離以上だろうから
今回は間違いなくプラスになる!って信じていました

もちろん、ほとんど追い切りできてないワケで、
いきなり走れるなんて気持ちはなかったけれど、前進できるはず!ってね


スターウインド


馬場入り返し馬も問題なく済ませ、いざレース

スタートもちゃんと出たし、少しでも前目のポジションを取れれば
とか思っていたら、2コーナーあたりで急に手綱を引いて減速するからびっくり

何があったのかよく分からなかったので、不安でいっぱいになったんだけど
あとから確認すると不利だったみたいね まあ馬体の異状じゃなくてホッとした

そのあと何故か最後方まで下げてしまったから、どこまでレースに参加できるか?

結局、大外をブン回されてしまい、スターなりに伸びていたけれど…
さすがにあの位置からでは厳しかったです


スターウインド


元気な様子で戻ってきたスター嬢

最後方だったというのもあるにせよ、終いはちゃんと脚は使えていました
でもやっぱり、普段調教できないというのは厳しいね…
体質が少しでもしっかりしてくれば、使いつつって気にもなるけれど

私にできることは、精一杯信じて応援すること以外にない
少しずつでもレースを使いながら良化していけますように!!


スターウインド & エアリーチューン


おまけ画像

この日のレースは親友の愛馬・エアリーチューンも一緒でした

エアリーは出資検討馬として、社台Fへ見学に行った縁もあったりするので、
私にとってもある意味、心の愛馬とも言える存在です

また一緒に走る機会があるかな お互い頑張ろうね!!
2015年05月21日 (木) | Edit |
土曜日、ステラグランデがようやくデビュー戦を迎えました

初出資馬だったアブラシオの従妹・ディアジーナの初仔となるステラ
アブの仔に出資するというのは、もう叶わぬ夢なので
「どうしてもこの仔だけは!」とラインナップが出たときから出資を決めていて


ステラグランデ


昨秋、NF空港で会って以来の対面

もう、ほんっっっとに可愛い!! 可愛すぎる…
見学へ行っても、必ずスタッフの方から「可愛いですよね~」って言われるし、
顔だけじゃなく性格までおっとりしていて可愛らしいんだから、ホント申し分ない


ステラグランデ


お母さんのディアジーナと同じ田村厩舎のメンコ

そして担当されている厩務員さんも、ディアジーナと同じ方なんですよね
こういうのってものすごく嬉しいし、ドラマチックだなあと思ってしまう

厩務員やっている友達たちもみんな、自分がやっていた血統と繋がりのある馬は
思い入れも強いし気になるし、手掛けたいって言っているもの…


ステラグランデ


なかなか体質のほうがしっかりしなくて、デビューがここまで遅れてしまいましたが
具体的にどこが悪かったというワケではありません

入厩してからはややゲートに手こずった程度で、他は至って順調

ダートがどうかな?って気はしたけれど、調教もよく動いていたから
経験馬相手とはいえ、ある程度形になればいいな~って


ステラグランデ


初めての競馬場でも、全く入れ込むことなく落ち着いて周回し終えたステラ君
足取りも悪くなかったし、特に緩さも感じられなかったかな

実は芦毛の仔に出資するのステラが初めてなんだけど、ほんと可愛いわあ
しつこくて申し訳ないのは承知の上で連呼、可愛い!可愛い!!可愛い!!!


ステラグランデ


馬場入りも問題なくサラッと返し馬を終えて、緊張のスタート

…や、やっぱり出遅れてしまいました
ゲート試験がアレだった+デビュー戦なんで、ある程度は覚悟していたけれども

そのあと中団あたりまで進出しましたが、そこで脚を使ってしまったこともあって
最後、直線で追われてからも思うように伸び切れなかった感じかな


ステラグランデ


特に異状も見られず、元気な様子で引き上げてきたステラ

田辺Jによると「もっと体がしっかりしてきて欲しい」とのことで
やっぱりまだ緩さはあるんだよね…まあ、ここまでデビューが遅れた馬だもんな

あとはジーナもそうだったし、ムーン産駒もなんだけど、たぶん芝のほうが
体質の問題もあって最初はダートで、ってことだったんだろう(推測)

ともあれ、無事に競走馬としての一歩を踏み出すことができて、ひと安心

先生もジーナの仔に対する思いは間違いなく強いはずだし、
きっとステラのために精一杯、尽力してくださるでしょう 前進を期待しています
2015年05月20日 (水) | Edit |
マイネルオベリスク


先々週の乗馬
お相手はびっくりの連続騎乗となったマイネルオベリスク

しかしまぁ、ホントにお利口すぎでね
馬房から出すときも、馬装するときも、馬場入りするときも、乗っているときも、
お手入れしているときも、繋ぎ場に置いておくときも、完璧すぎる!!

今回はGWということで、中1日でのレッスン
私も特に前回と変わったこともなく、オベちゃんもパーフェクトすぎるので、
改めて反省する点もない感じ(おい

というわけでこの日、レッスン外でやってみたこと&気づいたこと


馬の右側に立って曳いてみる

こないだのボルソー@パドックの様子を自ら再現
そしたらオベちゃん、固まってしまい全然動かなくなってしまいました

表情も「え?」って感じで戸惑ったご様子 やっぱり違和感があるんだなあ
結論モタれ癖のない、おとなしい馬には効果なし


たてがみを編んでみる

たまにあれこれいじってみたりすることはあるんだけど、
乗馬ウマは競走馬とは違って、いつもピッカピカにしているワケでもなく…
ただでさえ剛毛のオベちゃんですから、なかなか思うようには編めなかった

あとやっぱりたてがみって太くて硬いので、あんなギュッって編むのは大変
尻尾にも挑戦!とか思ったけど、長い&硬いので絡まってムリでした


馬にも苦手な音がある

これは個体差もあるだろうから、あくまでオベちゃんの場合ですが…

手袋のマジックテープを「ベリッ」ってはがす音
プロテクターのファスナーを「ジーッ」って上げ下げする音

この2つを近くでやると、頭をグイッって上げて耳を絞り、不機嫌になります
いつも穏やかなオベちゃんだからこそ、その豹変ぶりがスゴい

馬ってホントに個性があって面白い生き物だ


人間が好きな馬は馬+他の動物がお嫌い!?

オベちゃんはとにかくおとなしい性格なので、
あちこちペタペタと触ることはもちろん、首に抱きついたりすることもできてしまう

ただ、馬との折り合いはあまり良くなくて、傍に別の馬が来るだけでムキーッ
レッスン終了後、横へ一列に並ぶときは他の馬に近づけないよう気を遣います

そんなオベちゃん、繋ぎ場にいるとき近くに鳩がやってきた途端、
耳をシュッと伏せて威嚇するもんだから、びっくりしちゃって…
先生いわく「人が好きな馬は馬、その他に対して優しくないかもしれない」とのこと

なるほど…
2015年05月16日 (土) | Edit |
土曜日、半年ぶりにトウカイオーロラが府中へやって来てくれました

ほんとはこの日、乗馬の予約を入れていたんだけど…
気がつけばオーロラも8歳

会えるときに会っておかないと後悔するし、
ひとつ前のレースにはボブくんも出走するので、乗馬をキャンセルして府中へ


トウカイオーロラ


一時期は「もう厳しいのかな…」って感じていたときもありましたが、
昨秋に復帰して1度叩かれたあとから上昇カーブを描き、掲示板も確保

ここにきて苦手だった京都も克服し、安定感まで増すというスゴさでね
8歳にして進化し続けるオーロラの存在は、私にとってホントに大きなものです


トウカイオーロラ


年は重ねても、パドックでの騒々しさは相変わらず

それでも温かいまなざしで、優しい笑顔をみせてくださる担当厩務員さん
いつもその姿に癒されると同時に、感謝の気持ちでいっぱいになります

この日もキーキー引っ張るオーロラを「よしよし」となだめながらの周回でした


トウカイオーロラ


鞍上は松田J
中京ではアンジュシュエットにも乗ってくれたというご縁が

何よりとても感じがよくて、笑顔の素敵な方なので(函館でお話したことが…)
オーロラに乗ってもらえるというのは、個人的に大歓迎


トウカイオーロラ


終始インにいたので、はこれが精一杯

スタートから後方で進めていましたが、この位置取りは想定内でした
前走、明らかに距離が足りなかったので、
終い徐々に進出していくスタイルのオーロラにとっては、まずまずかなって

最後の直線、頑張ってぐいぐいと伸びてきたけれど…

いい脚使ってた!って思っていたとおり、上がりは最速タイ
しかも、1着馬とはコンマ5秒差だからね
まだまだやれるって確信を持てたレースとなりました


トウカイオーロラ


今年に入ってヤマニンガーゴイルが引退し、
JRAに在籍するテイオーの仔は、オーロラ1頭のみに

この日がちょうど50戦目
ここまで大きなケガもなく順調に走り続けてくれて、本当に頭が下がります

これからも無事で、いつまでも元気でありますように
偉大な父が残してくれた宝を、しっかり見守っていかなくちゃね
2015年05月14日 (木) | Edit |
マイネルオベリスク


先週の乗馬
お相手は昨夏以来となるマイネルオベリスク

オベちゃんはまだ速歩班での経験が浅い会員さんに回されることが多いので、
私はもう乗れる機会がないのかな~、寂しいな~なんて思っていたから、
ちょっとびっくり&めっちゃ嬉しくて、ワクワクしながらレッスンを迎えました

最近は「サボり癖を覚えた」だとか、「不機嫌になることも多い」
なんて話も耳にしていたオベちゃんだけど…いやいや、全然そんなことない

軽く扶助を出すだけでスタスタ動くし、無駄な力も必要ないから負担もゼロ
右手前のとき、カーブのところで若干スピードが落ちるけど、
ちょいと脚を入れれば、すぐに復活するので問題ないレベルだしね

あとは私の永遠の課題である、フラフラする脚の位置
やっぱりこの日も、しっかり指摘されました
どうしても立つときに脚が前へ行ってしまうんだよなあ…

「もう少し内腿~膝で鞍を挟むように安定させれば、脚のムダな動きも減る」
って言われたけど、なかなかこれが難しい

他は手綱の張り方も完璧だし、姿勢と頭の位置もとのこと
「脚だけ安定するようになれば、すぐ上のクラスへいけるよ~」って先生

頑張りますか


奥平調教師


私のオベリスク騎乗に合わせてくれたワケじゃあないけれど
この日はウチのOBである奥平調教師がご家族で来場されていました

「今日は家族サービスなんだよ」ってことで、
2人の息子さんと一緒に馬に乗ると聞き、プチ興奮状態

鐙なしで颯爽と駈歩している姿()なんて、ほんとカッコよすぎでね
サスガだなあ~って、動きをじっくり観察させてもらいながらお勉強

貴重なシーンが見られて、すごいラッキーでした
奥様もお話しやすい方だったし、を持ってこなかったことだけが悔いで

他、やっぱりマイネル話になったけれど「なるほど」って感じになったわ
2015年05月12日 (火) | Edit |
5日、かしわ記念に出走するワンダーアキュートの応援に行ってきました

いつも北海道へ行くとお世話になっている、Fさんとこの生産馬
小さいころのことも知っているから、やはり愛着があります

近走はもうひとつの結果が続いていたけれど、
今回はメンバーも手薄だし、何より鞍上が和田Jに戻るという期待感も込めて


ワンダーアキュート


パドックに登場したアキュート氏

馬体重も前走から16キロ絞れて「これはいい!!」って思いました 
いつも一緒にアキュートを応援している友人たちも、みんな同意見

しかし、昔はムキーッ!って感じで周回していたのに、すっかりおとなしくなったね
今はもうパシュファイアーいらないんだろうな…(習慣で付けてるそうだけど)


ワンダーアキュート


長年の相棒だった和田Jがアキュートの背中に戻ってきた

このシーンを目の前で見ただけで、ホントうるうるしましたわ
やっぱりアキュートには、和田Jがいちばんしっくりくる


ワンダーアキュート


レースもスタートからスムーズで、ポジショニングも
ラクな手応えで直線に入ったときに「行ける!!」って勝利を確信しました

3頭抜けて、真ん中から横の2頭を交わした瞬間はもう、友人たちと大絶叫
久しぶりにあんな大声出した気がする

それぐらい、ここは獲って欲しい!って心底思っていたし、
この面子なら、まだまだアキュートの経験と実力のほうが上だと信じていたからね


ワンダーアキュート


ひとつ残念だったのは、
オーナーが所用で不在&Fさんも出産シーズンで来れなかったということかな

友人たちがそれぞれオーナー、Fさんにすぐ電話をしてくれて(私は担当?笑)
喜びを分かち合えたので、良かったけれど

にしても、9歳でGⅠを勝ったアキュート こんなすごい馬、他にいないよ
口取りでもホント誇らしげにしていて、カッコよかったです


ワンダーアキュート陣営


そして、和田Jがものすごーく素敵な笑顔を見せてくれたのも嬉しかったわ~
やっぱりアキュートには強い思い入れがあったろうし、気持ちが伝わってきたもん

表彰式のあと、「これからもアキュートのことよろしくお願いします」って
直接伝えることができて、私も感激しました

佐藤先生と並床助手は、ホッとした様子だったかな
並床さん、年末の大賞典のあと「ショックですわ~」って呟いていた姿が
忘れられなかったから、ほんと報われて良かったな…って思う

このあとは、連覇を目指す帝王賞へ
今度はタルマエも戻ってくるし、また王者との好レースを期待したいです
2015年05月08日 (金) | Edit |
甥っ子


先月末、弟夫婦が2月に産まれた甥っ子を連れてに遊びに来ました

LINEでをしょっちゅう送ってくるから、もう会ったような気になっていたし、
「初対面でもそんな感動はないかな~」なんて思っていたんだけど…

いやいや、めっちゃ可愛くて超感動!!
プニプニした肌やふにゃふにゃの指なんて、この世のものとは思えないくらい

私はあまり子供(ク○ガキ)が得意ではないんだけど、
赤ちゃんはホント可愛いね! 抱っこしても泣かれなかったし

両親にとっては初孫になるので、やっぱり嬉しそうだったな
私が相変わらずこんなだから、弟夫婦には感謝の気持ちでいっぱい


梅の花膳


家族9人が勢揃いしたので、お昼はみんなで最寄り駅の『梅の花』
梅の花膳、美味しかったです
2015年05月06日 (水) | Edit |
燦


先々週の乗馬
お相手は少々お久しぶり~の燦くんです

ここんとこ3連続で超優等生のカブだったし、
体がラクなほうへ慣れてしまっているんじゃないか…って、若干不安が

しかものように、よだれダラーッで全く緊張感なし
これはかなり動かないんじゃね??って、危機感満載でレッスンスタート

燦くんに乗るとき、いちばん気をつけなくちゃいけないのが
速歩の途中で止まられないようにすること
つまりはスピードを維持し、馬間距離を保つことがいちばん大事になってくる

とにかく一定の速さを保つのが最大の難関なんだけど、
幸いなことに、この日の燦くんは前向きな姿勢を見せてくれて!!

途中ちょこっと脚は使ったけど、ムチの出番は一度もなしという素晴らしさ
やればできるじゃないか! …って、私が足を引っ張ってただけなんだけどね

頭はやっぱり高いから、手綱の張り具合が相変わらず難しかったかなぁ
それでも止めてしまうことはなかったので、気持ちを損ねずに済んだかと思う

前回のライディングノートを見ると、速歩レベルが『9』までランクUPしていて
もうちょっとで、BC(ビギナーキャンター)に昇級できるかも!?

駈歩で軽快に走るのは乗馬を始めたときからの夢だし、頑張ります


トゥインクルレース


先々週の火曜日、クラブのご招待で大井競馬場のプラネットルームへ
先生や友人たちと一緒にトゥインクルレースを楽しみました

乗馬をやっている人って意外と競馬を知らない人が多いので、
私もいろいろ新鮮でね 
まずは馬券の種類+マークカードの塗り方から指導、みたいな

競馬場からの差し入れも美味しかったし、またぜひみんなで一緒に来たいです
2015年05月01日 (金) | Edit |
土曜日、新緑賞にプレイヤーハウスが出走しました

前走後、ひと息入れられて2ヶ月半ぶりのレース
ちょい久々ということで、会えるのをホント楽しみにしていました


プレイヤーハウス


先生から、順調にいけば中山最終週の山藤賞
調整が遅れれば東京開幕週の新緑賞だと聞いていたので、
この両日は乗馬の予約&友達との約束も入れず、万全の態勢!!

良いときに比べるともうひとつ…って話だったし、
まずは無事に、少しずつ良化していくタイプだということも分かっているからね


プレイヤーハウス


前回、ほんのちょっと落ち着きを欠いていたパドック

この日は気が散ることもなく、ゆったりと歩けていました
時折、担当Kさんに顔を寄せて甘える仕草は相変わらず

ぽわ~んとした表情もこれまで通りだったかな
カリカリしていたお母さんとは、ホント全然違うのよね~


プレイヤーハウス


芝2300ということで前走同様、猛ダッシュで馬場へと移動

やっぱり目の前で輪乗りが見られるというのは、すごく嬉しくて
一緒にスタートまでの緊張感も味わえるし、何より長い時間会っていられるから

しかも少頭数でスカスカしていたんで、姿もよーく見えて得した気分に


プレイヤーハウス


ドキドキのレース

スタートは無難に出たけれど、そのあとわざとなのか行けなかったのか最後方に
瞬発力勝負じゃあ分が悪いの分かっているし、
できれば、もうちょい前目のポジションを取りたいところなんだけど…ね

もちろん相手も強いし、スピードがあるのも承知の上でそう感じるというか…
プレイヤーなりに最後まで脚を使えているから、余計にもったいない気がしました

でも必死に走っている姿を見ているだけで、胸がいっぱいになるんだよなぁ
これは本当に特別な馬にしか湧かない感情だと思う


プレイヤーハウス


ゴールを見届けたあと、ホースプレビューへ

特に異状は感じられず、元気な様子で戻ってきました ホッとする瞬間です
出迎えてもらったスタッフさんたち皆に「よしよし」ってしてもらって、
プレイヤーも頑張って走ってきたことが報われる瞬間だよね

レース直後も乾草と飼い葉をしっかり食べていたそうなので、ひと安心
また次、会える日を楽しみに待っています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。