--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年12月28日 (月) | Edit |
ティアップワイルド


先々週の乗馬
この日もBCと速歩の1日2鞍です

まずは速歩からということで、お相手は2ヶ月半ぶりとなるティアップワイルド
ちょい久々だから、めっちゃ楽しみにしていたんだけど…

なんでこんな真冬にハエが大量発生しているのかと
もう馬装も手入れもレッスンも、うるさくてうるさくて大変だったわ

お陰で手綱をグイグイやるのは許容範囲内だったとしてもですよ、
前に乗ったときはもっとラクだった印象があったのに…む、難しくなってる

反撞+ストライドが大きいのは分かっていたけれど、
こないだは問題なかったはずのスピードコントロールが全然できなくて…
ひとつ前を走るマイネルオベリスクに近づきすぎては止まる、の繰り返し

固まることはないから、促せばすぐに動き出してはくれるんですがね
でもちょこちょこ止まっちゃうから、ワイルドも私もリズムが悪かったよなあ

なんか下手くそになったかも…って、自信がなくなりました
気持ちよく走らせて上げられなくてごめんね、ワイルド氏


カミュ


続いて、BCの相棒・カミュ(競走馬名・ウイニングハット)がお相手

前回初めて乗って、噂どおりのヘビィな背中を実感したわけだけど、
この日も駈歩どころか、速歩すら出ないという…

あまりの動かなさに先生も「長鞭に変えようか~」ってことで、短鞭長鞭に
そしたらまあ、なんとか速歩は出せるようになりました

でも駈歩は出てるんだか出てないんだか、自分でもよく分からなくて

駈歩してるはずなのに正反撞みたいにお尻がバンバンしちゃうのは、
しっかり駈歩が出せてないからだよね…みたいな

とりあえず、カミュを動かすことができるようにならない限り、
全く進歩はないと思うので、何とかしなくちゃね まずは長鞭を買わなくちゃ!!
スポンサーサイト
2015年12月25日 (金) | Edit |
土曜日の中山もお目当てはたくさんいましたが、
そのうちの1頭がターコイズSに出走した、オツウちゃん

気がつけば、もう5歳の冬
孫史上最高に稼いでくれてる彼女ですが、やっぱり来年春までなのかな…


オツウ


オツウ


最近は東上してくれる機会も増えて、この日が今年5回目の対面

しかし、ホントに美形すぎる男前女子だわあ
お祖父ちゃん(+父ハーツも)の血が思いっきり伝わったんだね…

もうひいき目なしでターコイズS出走馬中、美人度は断トツでした


オツウ


あの鮮やかなデビュー勝ちから3年

そのあとは試行錯誤を重ね、苦労した日々もありました
また大和屋さんの馬だから露出が多く、注目されるプレッシャーもあったはず

そんななかを、こうして元気に立派に走り続けてくれているオツウちゃん
本当に自慢のお孫ちゃんです


オツウ


オツウ


ヤネは前走に引き続き、石川J

私はこれがめっちゃプラスになると思っていました
よく知らない騎手が乗ると、中途半端な位置取りであらら…ってのが多いから

前回の経験をゼッタイに生かしてくれる+前目で粘り込むレースをするはず
目立った逃げ馬もいないし、今のオツウちゃんならいっそ逃げてもいい!!って


オツウ


レースはもう、私が思っていたとおりに運んでくれた

勝った馬は強かったけれど、あとちょっとで2着だったよ!!
混合でそこそこ走ってきていたのに、牝限のこのメンツで人気なさすぎたよね

粘り強いオツウちゃんの本領発揮
裕紀人くん、彼女の良さを引き出してくれてホントにありがとう


オツウ


オツウ


猛ダッシュで検量室前へ向かったけれど、もう途中から涙ぐんで大変でした

相変わらずカメラを向けると、こっちを見てくれるのが嬉しい
もう美しすぎて目力凄すぎて、ドキドキしちゃうわ

次走は年明けの愛知杯を予定しているとのこと
あと何回走るんだろうなあ…最後まで無事に、それだけを祈っています
2015年12月22日 (火) | Edit |
先週の日曜日、クラブでクリスマスホースショーが開催されました

項目のひとつに希望馬騎乗体験というのがありましてね
「も、もしやミラクルに乗れたりするの…!?」って、淡~い期待を抱いて
第一希望馬にダイイチミラクルの名前を書き、申し込んでみました

そしたら、なんと! スケジュール表に!!
選手名の欄に私の名前、そして馬名の欄にダイイチミラクルの名が!!


ダイイチミラクル


現役時代、ずーっとずっと追いかけてきたテイオーの仔

とにかく頑張り屋さんで、いつも一生懸命で、10歳まで走り続けました
ミルの馬だからかなり使われてきたし、最後は障害で能失に…

それを助けたいと思ってくれたオーナーと実際に助けてくれた騎手
そして脚が酷く全く使える状態じゃない=戦力にならない馬を置いてくれて
1年ほどの間、ひたすら治療に専念させてくれたクラブ

たくさんの方々のお陰で、現在ダイイチミラクルは幸せな日々を過ごしています


ダイイチミラクル


この秋には、グルーミングコンテストでミラクルを指名して、
たくさん触れ合い、幸せな時間を過ごすことができました 詳しくはコチラ

「ここにミラクルがいるから」って理由でクラブに入会した私のために、
先生たちが引き馬をさせてくれたのが、3年半前になるのかな

上級レベルの会員さんたちとドレッサージュのレッスンをしたり、
競技会に出場したりしているミラクルに、まだへっぽこな私が乗れるなんて…

もう前日からドキドキしちゃって、ぐっすり眠ることもできなかったです


ダイイチミラクルと


馬房から連れ出してきて、馬装をする段階から緊張

ブラッシングして、裏掘りをして、鞍を装着して、頭絡を付けて
跨った瞬間や馬場へ出していったときのことは、夢見心地で全く覚えてません

小さいサークル内とはいえ、先生が私にミラクルを乗せても大丈夫だと
判断してくれたわけですからね それも本当に嬉しかったんだなあ

一応、フワフワな状態ながら速歩を出してみたけど、お、重い…
何とか動いてはいるけれど、かなり常歩に近い速歩って感じで

やっぱり日ごろ上手い人ばかり乗せてるミラクルだから、
こんな下手っぴにいきなり乗られて、きっと戸惑ったであろう…ごめんよ

近くにいた先生が「普段からかなり重いんだよ」「駈歩はすごくいい馬なんだよね」
とは言ってくれたけれど もう跨って歩いているだけでも十分満足でした

友達が撮ってくれた写真や動画を見ると、改めて感動がこみ上げてきます
昔のことを思えば、ミラクルに乗っているなんて嘘みたいな話だもんね!!

一生忘れることのできない、素敵な1日となりました


クリスマスホースショー


引き続き、夕方からはクリスマスパーティーも開催

今日の課目で3位までに入った競技者には賞状とリボンが
いいなあ、私も欲しいなあ…来年の目標にできればいいけど、どうだろ

パーティーでは、たくさんの方々といろんな話をすることができました
本当に勉強になったし、励みにもなったかな

年間優秀賞に選ばれた女性のベテラン会員さんは、
脚の付け根にボルトが3本入っているんだとか…
それでもあんなふうに笑顔で話すことができるなんて、素敵すぎ

私も、もっともっと上手く乗れるようになりたい 頑張ります!!
2015年12月18日 (金) | Edit |
土曜日、お目当ての1頭だったのがヤサカオディール

メイショウボーラーの初年度産駒となる6歳牝馬
2連勝して、OP入り 今回のラピスラズリSが昇級初戦となりました


ヤサカオディール


パドックでは、いつもこんな感じ
厩務員さんにモタれながら、ミドルハイテンションなご様子で周回します

まあボーラーっ仔たちは、割とこういうタイプが多いかなあ
気性的にアレな入れ込み系…父の面影を十分に感じ取ることができる


ヤサカオディール


4年前、目の前で見守ったデビュー戦は忘れられません
が降る府中で、200倍(!)近いふざけた人気を覆す5着好走

しかもですよ、2戦目もフロック視されたのか14番人気というバカにされっぷり
それがしっかり前目で粘り、馬券圏内 ホント誇らしい気分になったっけ

とにかく、昔から頑張りやさんだという印象しかないオディール嬢
大きな頓挫もなく、コツコツと元気に走り続けてきました


ヤサカオディール


そして迎えた、6歳の秋
なんと2連勝してOP馬になったのですから、もう…

この日もスタートの瞬間はめちゃくちゃ緊張したし、
ドキドキも止まりませんでしたが、OPでこれだけ走れるなんてね

感激で胸がいっぱいになったよ すごいね、オディール!!


ヤサカオディール


生産者様である八木常郎さんは、
ボーラーマニア(他にいるかしら…)にとって、神様のような存在です

なんと、今やボーラーの代表産駒になるニシケンモノノフ、メイショウイチオシも
八木常郎さんの生産馬なのですから、どんだけ凄いことか!!

もう感謝しても感謝しても感謝しきれない、本当にそんな気持ち


ヤサカオディール


年明け7歳になる女の子、いつまで走ることになるのかな…

もちろん、元気なうちにお母さんにという思いは当然あるけれど、
今が競走馬として充実のときである、という感もあったりするし…ね 

ボーラーっぽさが滲み出るルックス+気性の持ち主であるオディールちゃん
最後まで、ケガなく無事に走ってくれますように
2015年12月17日 (木) | Edit |
土曜日、中京でウインプリマが出走しました

下記の写真は今年、東京競馬場で撮影したものです


ウインプリマ


本当は中山のダ1200を予定していたのですが、
節不足で土日共に入りそうもないということで、中京の芝1200へ

もともと芝スタートのコースでの行きっぷりのほうが良かったわけだし、
芝を使いたいという声もあったくらいなので、前進必至だと期待していました

中山に応援馬がいた+レース毎に遠征していたらきりがないので、
今回はモニター越しでの応援に

パドックも前走のアレな状態よりは良く見えたし、芝で新境地を…と祈る思い


ウインプリマ


外枠もあってかスタートで前へ行けず、道中も外々を回すはめに
こりゃあ厳しいかな…って思いながら見ていたんだけど、最後の伸びがっ!!

い、今までと全然違う 明らかに芝馬だろ、これは…
どう考えてもダート血統なのに、ほんと面白いもんですよね

内枠なら、上位ともう少し際どい勝負ができたのかも…って思えるだけでも
大きな大きな収穫のあったレースとなりました

何より良かったのは、それを2歳の段階で分かることができたって点かな
もう方向性がはっきりしたのだから、余計な回り道をせずに済みますからね

ただですよ、せっかく権利も獲れたというのに、
芝1200のレースが全く組まれてないっつーのが不運すぎ

休ませるとは思えないので、ダ1200を使いそうな気がするけど…はて?
2015年12月14日 (月) | Edit |
カミュ


先々週の乗馬
今回は1年4ヶ月以上ぶり(!)に1日2鞍に挑戦してきました

まずはBCデビューということで、
初めまして~!となる、カミュ(競走馬名・ウイニングハット)がお相手

カミュはBC専門馬です
速歩駈歩の違いを教えてくれる、まさにプロフェッショナルな存在でして
だからこそ、重いし難しい…という、なかなかヘビィなお馬さん

まずは軽速歩からスタート!なんだけど…お、重すぎて速歩が出ない
どうしようもないので、先生の追い鞭でようやく動き出すという始末

速歩で人馬ともに身体を温めたあと、いざ駈歩!!なワケですが、
「左脚で馬のお腹を押すようにしながら、右脚を後ろに引いてキック」
っつーのが、なかなか上手くできなくてバタバタ

先生いわく、ちゃんと駈歩は出ているって言うんだけど、
気持ちの面で余裕がないからなのか、今ひとつ速歩との違いが掴めず

あと、鐙がどうしても浮いてしまう=体勢が不安定に
しっかり座れてないから、正反撞みたいな感じになっちゃってた気がする

とりあえず今回は、どんな感じかを体感してみて…ってことだったし、
最初にしては良く乗れていたって言ってもらえたけれど…
BCとは長いお付き合いになりそうな予感 いつ駈歩班に昇級できるかな



コンサートブルー


2鞍目のお相手は、おなじみのコンサートブルー

この日は馬房から出してくるのもラクだったし、馬装中もめっちゃおとなしくて
レッスンも先頭で部班を引っ張る役目は完璧+相変わらず素晴らしい背中

もう何時間でもブルーに跨っていたい!!(迷惑)ってくらい、最高でした

口が強いから、手綱は常に張っていなくちゃいけないんだけど、
スピードコントロールは私が思うとおりにできるし、何より疲労感が全くない

やっぱり相性がいいってことなんだろうなあ
友達のなかでもブルーは我が強くて苦手だという人もいるから、余計にそう思う

食い気旺盛なとこも自分勝手なとこも顔がデカイとこも背が高いとこも
みんなみんな大好きだよ! ブルー!!
2015年12月11日 (金) | Edit |
ピアチェーレと同じ土曜日、マイネルボルソーも中山で出走しました

とにかく元気な健康優良児
使われてきているわけだけど、目立った疲れはないみたい…ほんとスゴいわ


マイネルボルソー


パドックでの様子も、すっかりおなじみ

いつもより若干うるさいかな~とは思ったけれど、まあこんなもんでしょう
馬体もツヤツヤで体調が良いことは、ひと目見ただけで分かります


マイネルボルソー


安定して走ってくれているボルソーですが、
ローカルに比べると、明らかに強化された相手関係
そして、これまであまり結果の出ていない中山コースが鍵になるかな…って

プラス、まだ1度も足りてくれたことのない鞍上も


マイネルボルソー


レースはスタートから好位につけ、ロスなく回ってきましたが
前が止まらん+強かったので、なかなか差は詰まらず4着でのゴールに

どうしても東京・中山だとメンバーレベルも上がってしまうわけだけど、
ボルソー自身は、崩れずしっかり走れるようになったなあ…って実感します
(スタートでゴールドシップしてしまった前回の中山は除く


マイネルボルソー


戻ってきた様子も、いつもと変わらず元気元気

先だってのパーティーの際、先生にあれこれお話を伺いましたが、
具合に問題なければ、中山のあとは去年同様に小倉へ行きたいとのこと

元気すぎて、休む暇もないね

何でも、ボルソー氏はオンオフの切り替えがものすごく上手いらしい
だからずーっと在厩したままでも、ピリピリせず過ごせているのかもしれないな


マイネルボルソー


私にとって黒岩師は、ボルソー出資前にあれこれ相談できたほど気さくな方で

本当に何でも話しやすいし、聞きやすいし、分かりやすい
そして先生のほうから話を掘り下げてもくれるし、雑談もイケちゃうという

ご縁あって出資した先生のところの仔が、
これだけ頑張ってくれているというのはすごく嬉しいことなんだよね…

今後も厩舎の貴重な戦力でいられるよう、応援していきます
2015年12月09日 (水) | Edit |
土曜日、ウインピアチェーレが中山で出走

復帰からの連闘、そして中一週にはなりますが、
どうにも緩んでしまうタイプみたいなんで、続けて使えるのはプラスかなと


ウインピアチェーレ


この1ヶ月ほどの間で、3回目の対面

復帰後は別馬のようにおとなしくなっていたから、気性面で成長しちゃった!?
なぁんて思っていたんだけど…いやいや、大きな誤解でした

新潟や鉾田で会ったときよりはマシだったけど、
まあ、この日のパドックはチャカチャカとうるさかったわ

さすがに間隔詰めて使われてきたから、気持ちの面でピリピリしてたのかな


ウインピアチェーレ


しかもですよ、レクチャーで聞いた話だけど…(そのあと公式HPにも掲載)

地下馬道で嘉藤Jを乗せたあと、スイッチ入っちゃったのか
猛ダッシュして、ドドドドーッ!!って走って行っちゃったらしく…

問題の馬場入りはどうかな?って思いながら、待っていたのも束の間
入ってきた途端、ものすごいスピードで目の前を走り去っていきました

…返し馬になっとらん


ウインピアチェーレ


こ、こんな感じでございまする
わーっとした勢いで入場してきて、大回りしながらラチ沿いを超高速スピード

こりゃあ、レースはどうなっちゃうの?って不安と
もしかしてハマっちゃったら…!って期待も少々あくまで

すると、やはりスタート速くて先頭に立ってしまいました
しかも首を振り振り、真面目には走っていないご様子

やっぱり、まだまだお子様ですね 微笑ましい悪ガキって感じだわ


ウインピアチェーレ


嘉藤J、厩務員さんに「物見しちゃって~」って言いながら戻ってきました

これだけ突っ走るレースをしながら、最後ぱったり止まらないあたり、
気性が成長したら…って期待は持たせてくれますよね

距離は大丈夫そうだけど、坂はあまり良くない印象も受けたので、
ローカルの平坦コースのほうが合ってるかもしれません


ウインピアチェーレ


集中的に使ったこともあり、このあとは少し間を空けて
年明けの中山後半を目指せれば…って感じみたい

鉾田へ行くのが少々不安ではありますが、何とか緩まず乗り切ってくれれば

大して売れなかった仔なのに、さまざまなご縁もあって
顔なじみのお仲間さんがたくさんいるピアチェ

みんなで喜び合える日が、いつか来ますように…
2015年12月08日 (火) | Edit |
今年の出資馬、4頭目が決まりました!

ウインの2015年度募集馬№14、パールイアリングの14です
父がアグネスデジタル、母父はスペシャルウィーク、曾祖母にノースフライト


パールイアリングの14


デジタルが大好きだったので、各クラブで産駒が募集された際は
もれなくチェックをするわけですが、最近は募集自体が減ってきてしまっていて

BRFグループに至っては、自分とこで繋養しているくせに
1次の募集馬は彼1頭のみという…しかも自家生産じゃないし

ちょっと価格設定が強気かなあとは思ったんだけど、どんなもんかと


パールイアリングの14


6月末のツアーで対面した、パールイアリングの14君

いや、もうすぐに気に入っちゃいました デジタルっぽさ満載なんですもの
馬格があって、可愛いくて、人なつっこくて、おっとりしていて

あのちょっとあか抜けないモサッとした雰囲気は、まさに産駒のそれ
だけど、彼は誰が見ても「良い馬だ」って言うと思うんだなあ…


パールイアリングの14


これだけ気に入っていて、なんでここまで出資をしてなかったのかって?
(実際、友達たちからも「え、まだ買ってないの!?」って言われまくっていた

それはツアーのとき、社長親子が揃って吹きまくっていたのが嫌だったのと
厩舎がちょっと引っ掛かった…ってのがありました

プリマと同じ厩舎なんですが、トレセンの友人から聞いていたとおりでね
(すごく良い調教をするところだけど、厩務員によって当たり外れがある)

あれこれ実感してしまったあとだから、少し悩んじゃったのよ…
でも、やっぱりデジタルに負けた+めっちゃお気に入りの仔だったので


パールイアリングの14


10月末、CVFへ行った際に再会してきました

進んでいるグループだったので、乗り込みもひと段落して仲間たちと放牧中
馬体も一層たくましくなったし、放牧地でもすぐに寄ってきてくれて
出資済であるアポロティアラの14君とも、仲良くしている様子で嬉しかったな

デジタルの仔を迎えるのは久しぶりになるので、ほんとドキドキしています
ぬお~んとした雰囲気は、かつて溺愛していたドリームゴスペルによく似てる

これからも順調でありますように!!
2015年12月07日 (月) | Edit |
スターリーナイト


先々週の乗馬
お相手は初めまして!のスターリーナイト

スターリーは現役時代、トミケンセルバーレという馬名で走っていました
中央では5着まででしたが、転籍した金沢+浦和で4勝を挙げています
しかも、面識のある牧場さんの生産馬だったことにびっくり

夏にウチへやってきて、秋には速歩班デビューしていたのですが、
なかなか私のところへは回ってこなくて、ようやく!!

まずは馬装から仲良くなろう…って思っていたんだけど、
ゴハン中の馬房から、引っ張り出してくることにひと苦労
いやいや、コンサートブルー並みの食い気だったわ 初っ端からこれかい

でも気性はホントに穏やかで、ムキーッ!ってする様子は全くなし
友達からも乗りやすいと聞いていたんで、安心してレッスンへ向かえました

常歩速歩へ移行する1歩目がぴょん!って跳ねる感じで、
めっちゃ大きいことには驚きましたが、他は全く問題なく足取りも軽やか

脚も使わなかったし、私はただ跨っていただけでしたね
スターリー、素晴らしい そのうち速歩班のエースになれるんじゃないかな

ただ心配なのは、蹄がボロボロだったこと
あれだと鉄も履けないよなあ 早く良くなりますように

この日は午後から府中へ行く用事があったので、BCの予約は取らず
駈歩スタートは次回からです


マイネルオベリスク


モッコモコの冬毛に覆われ、ぬいぐるみみたくなってるマイネルオベリスク
現在、フレグモーネを発症していて脚がパンパンなのよね

あの感じだとレッスンに復帰するまでには、まだまだかかりそうだけれど、
せっかくの機会だし、ゆっくり休養して欲しいな
2015年12月03日 (木) | Edit |
キッスアフィニティが屈腱炎を発症し、引退。

福島で会ってきたばかりだったし、
中一週で出走へ向けて、調整をしている最中での出来事でした。

まさか、あれが最後になるなんて思いもせず。
心にポッカリ穴が開いてしまい、まだ冷静に振り返ることはできないでいます。

キッスのキの字を見るだけで、涙腺が緩んでしまう…。


キッスアフィニティ


彼に出資を決めたのは、半兄であるプラズマが大好きだったから。
プラズマに出会ったあと、母キッスパシオンの仔たちを追いかけてきました。

私にしてみればかなり高額な仔だったので、即出資とはいかなかったのですが、
出資検討馬として見学させてもらった際、血統等は抜きにして一目ぼれ。

すごく子供っぽかったけれど、黒くて大きくてしっかりとした馬体。
じっとしていれば顔つきも精悍だし、これは成長していったら…って。

調教動画を見たとき、飛びが大きくてピョコピョコと豪快に走る姿が
「プラズマに似てる!」と興奮したっけ。


キッスアフィニティ


無事にデビューの日を迎え、競走馬生活をスタートさせましたが、
2戦したあとの昨年秋、発症したフレグモーネが悪化してしまいましてね。
なんと手術をするという事態になり、一時は生きるか死ぬか…という状況に。

復帰さえも危ぶまれた中、キッス自身の頑張りはもちろん、
しっかり立て直してくださった久保田厩舎の皆さんとNF早来の皆さんのお陰で、
6ヶ月半ぶりにターフへ戻ってきてくれたときは、本当に泣けて泣けて。

しかも! その復帰レースで勝ってしまったのですから、もう…。


キッスアフィニティ


以後はこれといった頓挫もなく、元気であったキッス。
ですが、レースを重ねていくに連れて、課題も少しずつ表に出てきました。

それでも、この血統は晩成型ですし、まだ3歳。
ゆっくり前進していってくれればいい…そんな矢先の屈腱炎発症。

悲しくて悔しくてホント落ち込んだし、未だ信じたくないって気持ちもあります。
「これも競馬」だってことは分かっているんだけど、簡単には吹っ切れないよ。

いろんな背景から、とにかく思い入れが強かった。そして大好きだった。
バカじゃね?って言われるだろうけど、将来的にものすごく期待もしていたから。


キッスアフィニティ


だけど、キッスは周りの温かい方々に恵まれました。
引退が決まった「馬」としては、これ以上ない強運の持ち主。

暴れん坊だし、ちょっとイッちゃってるし、全くを以って「乗馬」向きではありません。
それなのに、これから幸せに生きていける道を見つけて頂いた。

新天地へ移動したあとの写真も見ましたが、競走馬時代のイカれた様子は
すっかり影を潜め、早くも表情が「乗馬」モードにシフトされていました。

本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
お世話になった方々のためにも、今後はこれまで以上に頑張ってもらわなくちゃ!


キッスアフィニティ


キッス自身は特にこの1年間、精神的にも肉体的にも
辛いことばかりで大変だったはず…。でも、もう痛い思いはしなくて済むよね。

ありがとう、そしてお疲れさま。君に出資することができて、本当に幸せでした。
今度、乗馬クラブでタイガーしている姿を見に行くからね!!
2015年12月01日 (火) | Edit |
土曜日は乗馬だったのですが、オツウちゃんの次走がキャピタルSということで
何とか11Rのパドックに間に合うよう、午前中に予約を入れてまして

そうしたら、マイネルアウラートも同日の最終Rに出走とか!!
しかもですよ! やってくれちゃいましたよ!!


マイネルアウラート


パドックは相変わらずショボくれた感じ
ほんとにステイオー配合なのか!?ってくらい、独特の雰囲気で周回してます

それでも、春の中山ではいきなり暴れてひっくり返ったりして(尻尾を亜脱臼)
やっぱりヘンなところはあるから、気をつけていないとね


マイネルアウラート


現級勝ちはありますが、
近走が今ひとつ+1400がどうか?ってことで(たぶん)、9番人気という評価

尻尾の亜脱臼から復帰後は、ちょっともったいないレースもあったし、
スムーズに運べれば、むしろ距離短縮はプラスじゃないかって気持ちも

そしたらもう! 上手く最内をついて、最後まで凌いでくれたわ


マイネルアウラート


マイネルアウラート


オツウちゃんは残念な結果でしたが、その分もアウラートが…
乗馬のあと、猛ダッシュで府中まで来て本当に良かったし、涙が出ました

予算オーバー+早々に満口っつーことで、出資はしてない会員なんですが
シャンゼリゼの仔だから、応援する気持ちは無条件

母は韓国へ行ってしまったので、日本で走る仔は1歳♀がたぶん最後です
アウラートよ、元気に末永く走ってね!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。