2015年02月19日 (木) | Edit |
コンサートブルー


先週の乗馬②
お相手は今年すでに3回目となるコンサートブルー

前回は馬房から出す際、食事中につき“出勤拒否”されたもんで
そぉ~っと覗きに行ってみたんだけど…や、やっぱり食べてる

でも干し草が飼い葉桶ではなく、下にバラまかれてあったので無問題
さっさと連れ出すことができて、まずは第一関門突破です

レッスンでは、これまでほとんど苦労したことがないブルー氏
眠かったのか妙に静かだし、普段はうるさくて手間取る馬装もすんなり

これは良い流れ~!
いつも以上にワクワクしながら、ブルーの背中に跨りました

がっ 前のマイネルオベリスクがすごく不機嫌で
常に耳を絞って走っているし、終いには内へぴょん!とヨレる始末

あまり気にしないように注意はしていたんだけど、
馬って釣られるのよね~、どうしても…

ブルーもいつもに増して前進気勢が旺盛というか
どんどんどんどん前へ行こうとするので、手綱をず~っと短く張りっぱなし 

もともと口が強い+ヤネを無視してやりたい放題ってなシーンを
見かけたこともあるから、「負けちゃいかん!」って超神経張り詰めましたわ

お陰で特に問題なく乗り続けることはできたんだけど、
途中、調馬索運動のためオベリスクが抜けたあとも
ブルーのテンションは高いままだったなぁ

とにかく、最初から最後まで手綱を強く張りっぱなしだったので
数日経った今もなお、腕の筋肉痛がハンパないです


ダイイチミラクル


「バレンタインデーなんだからよこせ!」と言っている(?)ダイイチミラクル

改めて触れるまでもないですが、私が乗馬を始めるきっかけとなったのは彼
田中博jには、会うたびにお礼を言っているかも


この日はレッスン終了後、クラブの新年会がありました

友達や先生たちと皆でワイワイ、ほんと話が尽きなかったなぁ
参加者70名以上 ちょっとした“出し物”もあり、大盛況

でも、友達から「レッスンで思うように乗れず、悔しくて泣いてしまった」
という話を聞いたときは、なんかじわ~っときてしまってね
先生も「その気持ちがよく分かるから、あのとき声を掛けられなくて…」って

年を重ねていくと、何かに対して一生懸命になるということが減ってくる
私も乗馬を始めてから日々の生活にハリが出てきたし、
感情も豊かになった+学ぶことの楽しさも実感できました

これからも仲間たちと楽しみながら、コツコツ頑張っていきたい
そんな決意を新たにした1日となりました
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可