2015年03月13日 (金) | Edit |
先週、先々週と中山で応援馬が何頭か出走していて
写真と記事をUPしたい気持ちはあるのですが…時間と手間が追いつきません

というわけで、新鮮なうちに1頭だけご紹介


マイネルバウンス


日曜日の上総Sに出走し、5着だったマイネルバウンス
私にとって、ラフィアン&シルクに多数いる「エア出資馬」のなかの1頭です

ですがっ
彼は軽~いエアではなく、ギリギリまで悩んだちょいと重~いエア

この世代は1頭出資しようと決めていて、
ブラームス、カブト、テンクウ、アトラクト、モーヴ…
最後まで天秤にかけて悩んだのがブラームス、カブト、そしてバウンスでした

カブトは芝の長いとこ走れそうなフレンチ産駒ってことで
かなり惹かれたのだけれど、萱野厩舎ってのがどうしても許せなくて
ある意味、T内よりも宜しくないI部がもれなく付いてくるからね

ブラームスとバウンス
最終的にはおっとりした性格+大好きだったデジタル産駒ということで
関西馬に目を瞑って、ブラームスに決めたんだったなあ

もちろん、ブラームスに出資したことは後悔していないし
今も南関で頑張っている姿をネット中継で応援して、楽しませてもらってる

だけど!だけど!!だけど!!!
バウンスが大士厩舎へ転厩するなんて、予想外すぎて悔しさも倍増ですわ


マイネルバウンス


父譲りの栗毛と大士厩舎のメンコがまぶしい
ホント素晴らしい馬になったなあ~って、この日もパドックでうっとりしていました

デビュー戦から素質の片鱗を見せ、「これは!」って思わせたバウンス君
2戦目であっさり勝ち上がったものの、その後は骨折が判明

軽度だったのですぐに復帰はしたけれど、そのレースでモタれて調教再審査
さらにはそのあと、目に腫瘍ができて手術剥離骨折が見つかり手術…
なかなか体質がしっかりしなくて、ほんと心配していました


マイネルバウンス


でも、それを乗り越えたあとは順調にレースも使えるようになったし、
T内を乗せても安定して走ることができるという、ラフィアン馬の鑑となる存在に

このままいけば、OPにも手が届きそうかな!
こんなに走れる馬になるなんて…
エア出資馬とはいえ募集時には想像できなかったなあ

ちなみにバウンス君、全然売れてなかったはずです
ブラームスやカブトも大して売れなかったけれど、それよりももっと

何もかもが地味で、これからもあまり注目はされなそうですが
転厩先にも恵まれたし、私はずっとずっと心の愛馬として応援し続けていくからね
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可