2015年04月02日 (木) | Edit |
先週、毎日杯を制したのはミュゼエイリアン
管理する黒岩厩舎にとっては、初めての重賞制覇となりました

黒岩先生は私にとって、かなり身近で親しみのある調教師さんです


ミュゼエイリアン


もちろん、きっかけは出資馬であるマイネルボルソー
出資する前にラフィアン、そしてグリーンのパーティーで
立て続けにお話させていただいたのが最初でした

まだ開業1年目ということもあってか、先生に話しかける人が全然いなくてね
グリーンのパーティーのときなんて、1時間近く喋っていた気がする

ボルソーネタ以外に当時、先生が管理されていたヤマニンバッスルのこと
厩舎経営についてや方針、BRFグループへの見解、血統や経歴まで

諸事情で厩舎スタッフが稲葉からの引き継ぎってのも気になったし、
私も興味のあることは、失礼のない範囲で食い付いていくタイプだから

それに対しても、ひとつひとつ丁寧に答えてくださった誠実な態度や
馬へ向けた熱い姿勢みたいなものを深く感じ取ることができたので、
「先生に乗ってみるのも悪くない」って思い、安心してボルソーへ行けたわけです

ついでにシルクのハイエストスフィアにまで出資しちゃったけどね


ミュゼエイリアン


そのあとはお会いするたびに先生の方からあれこれお話してくださるし、
仲良くさせてもらっているオーナーの所有馬が在籍しているというご縁もある上、
ボルソーも元気いっぱいということで、繋がりも多く本当に有難い限りです

ミュゼエイリアンに関しては、先生が鹿戸厩舎で調教助手をしているときに
乗っていたスクリーンヒーローの仔であるということにドラマを感じずにいられない

さらに 半兄のクロスソードはグリーンで黒岩厩舎に在籍していたのよね
こういうエピソードって競馬ならでは!って感じで、面白いなあと思う

いろいろ苦労しているの知ってるし、私も重賞制覇のお祝いをするつもりです
ミュゼエイリアン+黒岩厩舎、ホントにおめでとうございました
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可