2015年05月12日 (火) | Edit |
5日、かしわ記念に出走するワンダーアキュートの応援に行ってきました

いつも北海道へ行くとお世話になっている、Fさんとこの生産馬
小さいころのことも知っているから、やはり愛着があります

近走はもうひとつの結果が続いていたけれど、
今回はメンバーも手薄だし、何より鞍上が和田Jに戻るという期待感も込めて


ワンダーアキュート


パドックに登場したアキュート氏

馬体重も前走から16キロ絞れて「これはいい!!」って思いました 
いつも一緒にアキュートを応援している友人たちも、みんな同意見

しかし、昔はムキーッ!って感じで周回していたのに、すっかりおとなしくなったね
今はもうパシュファイアーいらないんだろうな…(習慣で付けてるそうだけど)


ワンダーアキュート


長年の相棒だった和田Jがアキュートの背中に戻ってきた

このシーンを目の前で見ただけで、ホントうるうるしましたわ
やっぱりアキュートには、和田Jがいちばんしっくりくる


ワンダーアキュート


レースもスタートからスムーズで、ポジショニングも
ラクな手応えで直線に入ったときに「行ける!!」って勝利を確信しました

3頭抜けて、真ん中から横の2頭を交わした瞬間はもう、友人たちと大絶叫
久しぶりにあんな大声出した気がする

それぐらい、ここは獲って欲しい!って心底思っていたし、
この面子なら、まだまだアキュートの経験と実力のほうが上だと信じていたからね


ワンダーアキュート


ひとつ残念だったのは、
オーナーが所用で不在&Fさんも出産シーズンで来れなかったということかな

友人たちがそれぞれオーナー、Fさんにすぐ電話をしてくれて(私は担当?笑)
喜びを分かち合えたので、良かったけれど

にしても、9歳でGⅠを勝ったアキュート こんなすごい馬、他にいないよ
口取りでもホント誇らしげにしていて、カッコよかったです


ワンダーアキュート陣営


そして、和田Jがものすごーく素敵な笑顔を見せてくれたのも嬉しかったわ~
やっぱりアキュートには強い思い入れがあったろうし、気持ちが伝わってきたもん

表彰式のあと、「これからもアキュートのことよろしくお願いします」って
直接伝えることができて、私も感激しました

佐藤先生と並床助手は、ホッとした様子だったかな
並床さん、年末の大賞典のあと「ショックですわ~」って呟いていた姿が
忘れられなかったから、ほんと報われて良かったな…って思う

このあとは、連覇を目指す帝王賞へ
今度はタルマエも戻ってくるし、また王者との好レースを期待したいです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可