--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年07月08日 (水) | Edit |
コンサートブルー


先々々週の乗馬
お相手は久々!大好きなコンサートブルー

早く乗りたくて乗りたくて、うずうずしていたんだけど…
とりあえず、ゴハン中の馬房からサッと連れ出せるかどうかが第一関門
しかもこの日は飼い葉桶に顔を突っ込み、がっついている状態でして

近寄って無口を付けようとしても決して怒ることはないから、
何度も引っ付いてチャレンジ!!はするんだけど、私のことなんて完全無視

でも、こないだみたく先生にヘルプを求めるのは嫌だったので
必死にブルーに食らい付いて、何とか捕獲に成功しました!

無理やり引っ張り出されたこともあって、完全にやる気なしのブルー氏
顔にしっかり出てるよ… ホント馬は正直です

前日の雨で馬場も悪かったので、どうかな?とは思っていたんだけど
いざレッスンが始まると、やっぱりブルーの背中は素晴らしい

なんというか、もう跨った瞬間から違うんだよね
馬格があって見晴らしがいいというのもあるけど、脚の運びがワクワクする感じ

もちろん、速歩のリズムもバッチリ
脚もムチも全く使わずに、手綱をちょいと操作するだけでスピードコントロール

もうずーっとブルーの背中の上にいたい そんな気持ちになります迷惑

でも友達によっては、ブルーは口が強いから苦手だという人もいるし、
自己主張するから、勝手に動いて落とされた経験があるって人もいたりして

人間と馬との相性みたいなものもあるんだろうね、きっと
課題は「食事中でもスムーズに無口を付けて連れ出してくること」かな


アイルラヴァゲイン


ウチの看板馬、アイルラヴァゲイン

相変わらず威張ってはいますが、
さすがに馬体は「まだ競走馬です」って言っても通じるくらい、ハリがあるのよね

弟たちの活躍を見ると、ホントにすごいの一言
兄貴も現在、障害馬として頑張っていますよ!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。