2015年08月31日 (月) | Edit |
スターウインドの引退が正式に発表されました。

前走が4戦目のレース。
結果を問わず、スーパー未勝利戦を使える権利はあったのですが、
タイムオーバーになってしまったので、このタイミングでの引退に…。


スターウインド


彼女に出資を決めたのは、チェイスザウインドの仔だったからでした。

半兄にあたるチェストウイングにかなり思い入れがあり、
メインストリームをはじめ、その下をずっとずっと追い掛けてきたので、
チェイスの仔が募集された時点で出資することは決まっていたようなもの。

真っ黒で品のある顔立ち。おしとやかでおっとりした性格。
NF空港で4回会っているのですが、いつ会いに行っても雰囲気は同じでね。

ただ2歳春の時点で「来年を目指してじっくり」というお話だったので、
体質の弱さに関しては覚悟をしていました。


スターウインド


それでも騙し騙し、何とかデビューにこぎつけられたのが4月の福島。

とにかく厩舎での調教すらもできないというトモの弱さがあり、
「時計」という形で追い切りできたのは、ほんの数回だけだったかと。

6月に上原先生にお話をうかがう機会があったのですが、
「ちょっと強いところをやるとガタッ、レースのあともガタガタッ」ということで、
心底どうやって進めようか悩まれているご様子でした。

美浦から新潟への輸送すら躊躇するほどの弱さでしたから、
厩舎、そして牧場の皆さんは本当に本当に大変だったかと思います。


スターウインド


そんな虚弱体質のスターも、3戦目では感動のレースを見せてくれました。
これまでは付いていくのにも精一杯だった彼女が、なんと先頭に立っている!!

直線に入ってからは調教できていないこともあり、
脚も上がってフラフラになってしまいましたが、全力を振り絞っていたんだよね…。

今もふと、リプレイで見てしまうことが多いこのレース。
本当に胸がいっぱいになるし、スターが残してくれた最高のプレゼントです。

走れる能力はあったんだよなあ。
体質さえ丈夫なら…って思うとすごく悔しいけれど、こればかりは仕方ありません。



スターウインド


血統的には繁殖へ上げてあげたい気持ちが強かったですが、
さすがに今のノーザンでは厳しいか…って予想どおり、地方へ転籍することに。

タイムオーバーでの引退+体質もありますから、
再スタートを切るまでには、少し時間がかかるかもしれません。
でも先週の楽オクで無事に落札されましたので、じっくり待ちたいと思います。

ずっと追いかけてきたチェイスザウインドが自らの命と引き換えに産んだ
最後の仔であるスターウインドに出資できて、本当に幸せでした。
ありがとう、お疲れさま。今後も引き続き、見守っていくからね!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可