2015年12月22日 (火) | Edit |
先週の日曜日、クラブでクリスマスホースショーが開催されました

項目のひとつに希望馬騎乗体験というのがありましてね
「も、もしやミラクルに乗れたりするの…!?」って、淡~い期待を抱いて
第一希望馬にダイイチミラクルの名前を書き、申し込んでみました

そしたら、なんと! スケジュール表に!!
選手名の欄に私の名前、そして馬名の欄にダイイチミラクルの名が!!


ダイイチミラクル


現役時代、ずーっとずっと追いかけてきたテイオーの仔

とにかく頑張り屋さんで、いつも一生懸命で、10歳まで走り続けました
ミルの馬だからかなり使われてきたし、最後は障害で能失に…

それを助けたいと思ってくれたオーナーと実際に助けてくれた騎手
そして脚が酷く全く使える状態じゃない=戦力にならない馬を置いてくれて
1年ほどの間、ひたすら治療に専念させてくれたクラブ

たくさんの方々のお陰で、現在ダイイチミラクルは幸せな日々を過ごしています


ダイイチミラクル


この秋には、グルーミングコンテストでミラクルを指名して、
たくさん触れ合い、幸せな時間を過ごすことができました 詳しくはコチラ

「ここにミラクルがいるから」って理由でクラブに入会した私のために、
先生たちが引き馬をさせてくれたのが、3年半前になるのかな

上級レベルの会員さんたちとドレッサージュのレッスンをしたり、
競技会に出場したりしているミラクルに、まだへっぽこな私が乗れるなんて…

もう前日からドキドキしちゃって、ぐっすり眠ることもできなかったです


ダイイチミラクルと


馬房から連れ出してきて、馬装をする段階から緊張

ブラッシングして、裏掘りをして、鞍を装着して、頭絡を付けて
跨った瞬間や馬場へ出していったときのことは、夢見心地で全く覚えてません

小さいサークル内とはいえ、先生が私にミラクルを乗せても大丈夫だと
判断してくれたわけですからね それも本当に嬉しかったんだなあ

一応、フワフワな状態ながら速歩を出してみたけど、お、重い…
何とか動いてはいるけれど、かなり常歩に近い速歩って感じで

やっぱり日ごろ上手い人ばかり乗せてるミラクルだから、
こんな下手っぴにいきなり乗られて、きっと戸惑ったであろう…ごめんよ

近くにいた先生が「普段からかなり重いんだよ」「駈歩はすごくいい馬なんだよね」
とは言ってくれたけれど もう跨って歩いているだけでも十分満足でした

友達が撮ってくれた写真や動画を見ると、改めて感動がこみ上げてきます
昔のことを思えば、ミラクルに乗っているなんて嘘みたいな話だもんね!!

一生忘れることのできない、素敵な1日となりました


クリスマスホースショー


引き続き、夕方からはクリスマスパーティーも開催

今日の課目で3位までに入った競技者には賞状とリボンが
いいなあ、私も欲しいなあ…来年の目標にできればいいけど、どうだろ

パーティーでは、たくさんの方々といろんな話をすることができました
本当に勉強になったし、励みにもなったかな

年間優秀賞に選ばれた女性のベテラン会員さんは、
脚の付け根にボルトが3本入っているんだとか…
それでもあんなふうに笑顔で話すことができるなんて、素敵すぎ

私も、もっともっと上手く乗れるようになりたい 頑張ります!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可