2016年05月20日 (金) | Edit |
一口をやっていると、「厩舎」にこだわる人をよく見かけます

私も大まかな好き嫌いはありますが、完全NGなのはO形とT村ぐらい
あと出資経験はないけど、HとK村とK川も個人的理由でお断り

関西馬には出資しないし、いわゆる「良血馬」にも興味がないので、
俗にいう上位厩舎には、今も昔も縁はないかなあ

どこかひとつ選んで出資しろと言われたら、やっぱり伊藤大厩舎ですね


アンジュシュエット


大士先生のところでは、かつてアンジュシュエットがお世話になりました
アンジュに出資していた人は、みんな厩舎に感謝してるはず

先生や担当厩務員さんとの温かいエピソードについては、
話すと長くなるので省略しますが(直接、私に聞いてください)

信念とこだわりとチームワークが感じられるというか、
厩舎みんなで相談しながら、馬を作っていっているんですよね

先生も助手時代にダイワメジャーを曳いていたから、
「メジャーの人」ってことで顔を知っていたので、親しみがあって
(前にその話をしたら、喜んでくれました)

パドックで汗だくになって馬を曳いているベテラン厩務員さんに
止まれのあと小走りで駆け寄って、タオルで顔をポンポンやったり、
ウイナへ向かう途中の若い厩務員さんの頬をつねってみたり

何というか、そういう人間味が垣間見られるとホッとします
勝負の世界にあって、馬にも雰囲気って伝わるものだと思うから

あっ、そうだ! 年明けの中山でボルソーの馬着を着せるの、
先生が手伝ってくれていたのを見たときも、なんか嬉しかったな
「大士先生っぽい」って感じたし、黒岩先生恐縮してた(証拠)


マイネルボルソー&大士先生


今後も3歳馬&2歳馬1頭ずつ、大士厩舎でお世話になります

共に入厩してからトントンとは進んでいませんが、マイペースでいいかな
シャウトは緩々+ワインも難しいステゴ牝馬ですからね

だいぶ管理馬も増えてきて、やりくりが大変そうではあるけれど、
厩舎の馬たちみんな、頑張って欲しいです

メジャー産駒のカハラビスティーも無事に嫁入りしたし、
次こそ! キネオフォルツァ&Eさんに勝たせてあげたい!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可